4月10日、世界で初めて、ブラックホールが観測されたと発表がありました。世界6の国と地域による共同研究プロジェクト「イベント・ホライズン・テレスコープ・チーム」(EHT)が、5500万光年先のM87銀河の中のブラックホールをとらえたというのです。チームはチリ、ハワイ、南極など世界8カ所の電波望遠鏡を一斉にブラックホールに向け、巨大な仮想望遠鏡を作ることでこの観測を成功させました。
 このブラックホール観測はどのくらいの成果なのか、筑波大学教授で、『ブラックホールをのぞいてみたら』の著書がある大須賀健さんにお話をうかがいました。
今回、撮影された銀河M87中心の巨大ブラックホール。(撮影 EHT Collaboration)

今回、撮影された銀河M87中心の巨大ブラックホール。(撮影 EHT Collaboration)

◆世界で初めて存在が確かめられた!

──世界で初めてブラックホールが観測されました。まず、あの写真をご覧になっていかがでしたか。

大須賀:予想以上の美しさにおどろきました。計画そのものはだいぶ前に知っていましたので、いつかはとらえることができるだろうとは思っていましたが、写真が撮れたとしても、全体的に薄暗くてぼんやりしたものを想像していました。それが今回は、ブラックホールを指輪のようにリング状に取り囲んでいるという、理想通りというか、理想以上のものでした。

──あの真っ暗なところがブラックホールなのですよね。何で周りが光っているのでしょうか。

大須賀:真っ暗なところの中心にブラックホールがあります。ブラックホールは巨大な重力が働いていて、近くを通る光の軌道が曲げられます。ある一定以上近づくと、光さえも吸い込まれ抜け出すことはできなくなってしまいます。そのため、ブラックホールは真っ暗に写るのです。

 今回の撮影された指輪のような形の光は、ブラックホールにギリギリ吸い込まれずに地球に到達したものです。ブラックホールの周囲を何度も周回することで強められ、ブラックホールを取り囲む明るいリングになっているのです。直径はブラックホールの数倍です。ブラックホール特有の現象として理論的に予言されていました。

──当日はどこで発表を待っていたのですか。

大須賀:インターネットテレビのAbemaTVの「AbemaPrime」という番組に呼んでいただき、スタジオでほかの出演者の方々と一緒に発表の瞬間を待ちました。今回の発表は厳格なかん口令が引かれていて、かかわった6つの国と地域で一斉に発表となりましたから、日本は22時と少し遅い時間でしたね。

書籍

『ブラックホールをのぞいてみたら』

大須賀 健

定価 1404円(本体1300円+税)

発売日:2017年07月28日

ネット書店で購入する

    書籍

    『たとえば銀河がどら焼きだったら 比較でわかるオモシロ宇宙科学』

    布施 哲治 カバーデザイン:竹村 真由子

    定価 637円(本体590円+税)

    発売日:2012年11月22日

    ネット書店で購入する