角川文庫より発売された『救世主の条件』(上下巻)は、キリストの最大の暗号とされる「ヨハネの黙示録」のなかの一節に秘められた暗号解読に挑む、エンターテインメント小説だ。東西冷戦下の核戦争危機の緊張感のなかで繰り広げられる、壮大なストーリーは一気読み必至の作品。
作家として、そしてジャーナリストとして幅広く活動をしている著者の中見利男氏に、はじめて創作秘話を語ってもらった。
画像

──はじめに、『救世主の条件』を書かれるきっかけについて教えてください。

中見:私はこれまで聖書の研究を行ってきたのですが、やはり新約聖書の『ヨハネの黙示録』に記された「666」の暗号が気になっていました。2000年間正解が出ないのは、もしかするとこれまでのアプローチ以外にも別の道があるのではないかと考えたのです。
 そこで聖書に敬意を払いつつ、『ここに知恵が必要である』という聖句をキーワードに中見版として解読に挑んでみたのです。そのうえで悪魔の条件が666ならば、その逆を調べれば救世主の条件が判明するだろうと執筆を開始したのです。

──東西冷戦下のアメリカとソ連が舞台となっていますが、その時代を選ばれた理由はなんでしょうか。

中見:第2次世界大戦は原爆をB‐29から投下するという戦術でしたが、一転してキューバ危機は米ソ両国が、ミサイル搭載型の核兵器を保有していた時代です。空を飛び交う核ミサイルによって地球を一瞬にして削り落とすほど危険な時代に突入したのです。その時代こそ、人類史上最大の危機であり、666が登場してもおかしくはない時代だと直観しました。しかも凶弾に倒れた若きケネディ大統領がこの人類史上最大の危機に核のボタンを押せる立場にあったのです。しかもソ連の核ミサイルは、まさにアメリカの喉笛に位置するキューバからアメリカ本土に向けられていたわけです。この危機をケネディ大統領は、いかにして乗り越えたのか。これを知ることは将来の日本と日本人にとっても非常に重要なことではないかと考えたのです。

──物語には実在した人物も出てきますが、創作の人物達もとても魅力的です。中見さんのなかで思い入れのある人物はありますか?

中見:どの作家もそうでしょうが、すべての登場人物に思い入れはあると思います。しかし書き始めると意外な人物が勝手に活躍を始めることがあります。たとえば、私の時代暗号小説「友海、蒼海」シリーズの火薬師 友海は当初、脇役で、相手の要塞に爆薬を仕掛けるために一人犠牲になる予定でした。つまり第1作だけの登場人物だったのです。ところが、彼はまるで私を操るかのように見事に敵の要塞から脱出して生還してみせたあと、ついにはすべての作品に主役として躍り出ることになったのです。
 本作で言えば、ディビッド博士がそれに当たります。彼は物語の後半から登場するとケネディ大統領やロバート、エドワードという兄弟たちを最初は敵視し、罵声を浴びせ、そして激励をし、物語を激しく揺さぶってみせました。面白い人物です。

──暗号の着想で苦労されたところなどありましたか。

書籍

『救世主の条件 上』

中見 利男

定価 994円(本体920円+税)

発売日:2018年08月24日

ネット書店で購入する

    書籍

    『救世主の条件 下』

    中見 利男

    定価 994円(本体920円+税)

    発売日:2018年08月24日

    ネット書店で購入する

      書籍

      『救世主の条件 上 キリストの暗号』

      中見 利男

      定価 1836円(本体1700円+税)

      発売日:2011年12月01日

      ネット書店で購入する