menu
menu

特集

恐怖ものから脱力系まで緩急自在なモロホシワールド、ここにあり! 諸星大二郎×高橋葉介『夢のあもくん』刊行記念対談

構成・文=藪魚大一
写真=首藤幹夫

諸星大二郎さんの新刊『夢のあもくん』は、怪談専門誌「幽」と本誌で連載されてきた連作短編「あもくん」シリーズの単行本第2弾。前作『あもくん』から7年ぶりの続刊発売を記念して、諸星さんと、本誌連載作家同士で10年来の友人でもある高橋葉介さんが対談! 『夢のあもくん』の裏話や、お二人の交流について語ってもらった。



諸星大二郎×高橋葉介『夢のあもくん』刊行記念対談



――まずは高橋さんから、『夢のあもくん』を読んでのご感想をいただけますか。

高橋:このシリーズは、諸星先生がすごく肩の力を抜いて描かれているような感じがして、私はとても好きなんですよ。

諸星:そうですか? 実際はいつも苦労してひねり出すように描いているんですが……(笑)。

高橋:まるで息抜きのようにのびのび描いているように感じます。それでとても面白いからすごいと思います。

諸星:さすがに息抜きにはなりませんね(笑)。むしろ「怪と幽」の連載は、ほかの仕事の合間の「息を抜きたいなあ」ってタイミングで入ってくるので、全然息を抜けずに描いています(笑)。まあ「あもくん」シリーズは、何でもありで自由に描いているところはありますけど(笑)。

高橋:でも作者が楽しんで描いているように見えるのって、とてもいいことだと思いますよ。作者が苦労して描いているように見えてしまう作品は、読むのがしんどいですから。


――『夢のあもくん』の収録作で、高橋さんが特にお好きな作品はありますか。

高橋:全部好きですけど、正統派で面白いのは「給水塔」ですね。ちゃんと怖がらせようとしている話で好きです。諸星先生のほかの作品でも、給水塔が出てくる話(講談社『私家版鳥類図譜』収録「鳥を見た」)がありますよね。

諸星:そういえば一回扱ったことがありますね。

高橋:やっぱりみんなそういうお気に入りのアイテムみたいなのがあるんですかね。

諸星:アイテム(笑)。

高橋:給水塔には、中に何かが潜んでいそうな怖さは確かにありますね。

諸星:女の死体があったとか、いかにも都市伝説にありそうな。

高橋:死体を隠しといて、蛇口から髪の毛が出てくるとか。

諸星:そもそもあんなところに水を溜めているのが、普通に大丈夫なのか心配になっちゃうんですよね。

高橋:あとは「妖怪ハンター」シリーズの稗田礼二郎が出てくる話がありましたよね。


――「夢のともだち」ですね。「怪と幽」に連載を移してからの最初のエピソードです。

諸星:これは最初、「怪と幽」で始めるにあたって「妖怪ハンター」をやったらどうかと提案されたんですけど、さすがにそれは大変そうなので、ゲスト出演させたんです(笑)。

高橋:私はてっきりこの後も稗田が出てくるのかと思っていたら、次は全然違う話だったので「あれ?」ってなりました(笑)。

諸星:この時だけの登場なんです。

高橋:稗田を見たいので、何か続きを描いてくださいよ。

諸星:うーん(笑)。


「夢のともだち」より。「妖怪ハンター」シリーズの稗田礼二郎がゲスト出演している。


高橋:それにしても「あもくん」シリーズは、緩急がありますよね。「給水塔」みたいな怖い話もあれば、一方ですごい脱力系のものもある。「登山君の遭難」なんか、悪ふざけですものね(笑)。

諸星:あれはそうですね(笑)。思いついたら何でもありにしているから(笑)。

高橋:まとめて読むと緩急自在でいろんな話があってすごく面白い。「ムンクの女」は、画風が少し変わっていますよね。これは何で描いているんですか?

諸星:これは薄墨を使って筆で描いています。ムンク風というか、絵画風を狙って。

高橋:なるほど。先生は最近鉛筆にも凝っていますでしょ?

諸星:そうなんですよ。『夢のあもくんでいうと「夢の集会」なんかで使っています。

高橋:どうして鉛筆を使うようになったんですか?

諸星:試しにやってみたら面白くって。僕に合っているんじゃないかなって思っています。

高橋:鉛筆といえば、宮崎駿氏が『風の谷のナウシカ』を描いていた最初の頃に、鉛筆で描いてからそれをコピーして印刷用の原稿にしていたというのを知って、そんな方法があるのかと感心した覚えがあります。

諸星:鉛筆だと出版社によってはすごく薄く出ることもあるから、コピーするとちょうどよくなるのかもしれませんね。


――『夢のあもくん』には、お二人がアイデア交換したという作品があります。その詳しい経緯を聞かせてください。

諸星:「こっちでもへび女はじめました」ですね。

高橋:これは最初に諸星先生のほうからお話が来たんでしたっけ?

諸星:そうですね。高橋先生が「幽」の時に描いた「ヘビ女はじめました」(KADOKAWA『拝む女』収録)からタイトルをいただいちゃおうかと思いまして。そもそも、高橋先生のこのタイトルは「冷やし中華はじめました」から来ているんですよね?

高橋:そうですね。もともとは。

諸星:それを僕がまた中華料理屋の話に戻しちゃったんです(笑)。

高橋:諸星先生からそんなお話が来た時、ちょうど私も「幽」の同じ号に載る「ドラゴン・タトゥーの女」(『拝む女』収録)という話に登場する刺青のデザインをどうしようかと考えていたので、「じゃあこっちもデザイン借りていいですか?」ってお願いして『マッドメン』の「ン・バギ」を使わせてもらいました。


「こっちでもへび女はじめました」より。高橋氏の「ヘビ女はじめました」のタイトルを借りてできた作品だ。


高橋氏の「ドラゴン・タトゥーの女」には、諸星氏の『マッドメン』から借りたキャラクターが登場している。


――高橋さんは、タイトルを貸して出来上がった「こっちでもへび女はじめました」をお読みになっていかがでしたか。

高橋:なんとも評しようのない話ですよね。脱力するというかなんというか(笑)。よくこんな話が描けるなと思いました。

諸星:こんなくだらない話をね(笑)。

高橋:いやいや、こういう話を描くのってなかなか難しいですよ。私にはちょっと真似できないですね。


紹介した書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2022年8月号

7月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2022年9月号

8月5日 発売

怪と幽

最新号
Vol.010

4月25日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

よって件のごとし 三島屋変調百物語八之続

著者 宮部みゆき

2

祈りのカルテ 再会のセラピー

著者 知念実希人

3

おでかけ子ザメ2

ペンギンボックス

4

六人の嘘つきな大学生

著者 浅倉秋成

5

あたしゃ川尻こだまだよ(2)

著者 川尻こだま

6

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

著者 森岡毅

2022年8月7日 - 2022年8月14日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

TOP