menu
menu

レビュー

【レビュアー:岸田繁】その人生自体が作品になった素晴らしい作家の素敵なメッセージ『水木サンの幸福論』

 水木さんが還らぬ人となってから少しばかりの時間が経った。幼い頃から慣れ親しんだ彼の漫画や妖怪図鑑は、今でも僕の「中身」に大きく関わっている。
 彼の「幸福論」は、ただただシンプルである。「しないでいられないことをし続けなさい」、「なまけ者になりなさい」、「目に見えない世界を信じる」など。この本を読めば、人間らしさとは何なのかがよくわかる。彼は激動の時代を生きた。戦争体験は、彼の中に大きく陰を落とす。成功や栄誉、勝ち負けと人の幸せは決して結びつかないものなのだ。
彼は自然を愛し、自分自身を愛し、生きることを楽しむことを決して諦めない。そして、ユーモアを大切にしながら、自分自身に嘯くことなく生きてこられたのだと思う。
 ほんとうの「幸福」とは何なんだろう。そんなことを考えるだけで、人はついつい悩んでしまう。人は常に、やりたいようにやっているようで、何かに何かをやらされているものである。波乱に富んだその人生の中で、彼は一体何を見つけたのか……本人でないと分からない部分ばかりなのだろう。人は、それでいいのだ。
 娘さん(武良悦子)によるあとがきも秀逸だ。素敵な人というのは、人の人生を大きく変えることもある。水木さんは、自分自身と向き合いよく自分自身を知ることで、幸福を取り逃がさなかったのかもしれない。


紹介した書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年9月号

8月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.004

4月28日 発売

小説 野性時代

第201号
2020年8月号

7月13日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

四畳半タイムマシンブルース

著者 森見登美彦 原案 上田誠

2

崎義一の優雅なる生活 太陽の石

著者 ごとうしのぶ

3

村上世彰、高校生に投資を教える。

著者 村上世彰

4

心霊探偵八雲12 魂の深淵

著者 神永学 イラスト 加藤アカツキ

5

女だてら

著者 諸田玲子

6

暴虎の牙

著者 柚月裕子

8/3~ 8/9 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP