作家として僕が伝えたいこと ~誰かを大切に思う気持ちが、心を揺さぶる言葉になる~

著書『自閉症の僕が跳びはねる理由』(エスコアール、のち角川文庫)が世界的ベストセラーとなり、NHKのドキュメンタリーでも二度にわたって特集されるなど、注目を浴びている作家・東田直樹。

このたび新刊三冊(書き下ろし単行本『自閉症のうた』、文庫『あるがままに自閉症です』、つばさ文庫『自閉症の僕が跳びはねる理由』いずれもKADOKAWA刊)の出版を記念して、講演会を開催いたします!
画像
会話のできない重度の自閉症でありながら、文字盤ポインティングやパソコンを使って、文章を発表しつづける東田さん。優しさや思いやりだけではなく、自らの経験から得た厳しさを真摯に伝える言葉は、たくさんの読者の方から共感を得てきました。新作ではふたつの短篇を発表するなど表現の幅を広げています。
最近は執筆に専念されていることもあり、講演会は約半年ぶり、待望の開催となります。今回はもうすぐ25歳となる東田さんの、生の言葉をたっぷりと聞いて頂ける、またとない機会です。どうぞお見逃しなく! 東田さんも、読者の方々とお会いできるのを楽しみにしています。

詳細

日時;2017年7月15日(土) 13:30~15:15分(予定) 開場13:00
会場:角川第一本社ビル2F
参加費:1,000円(税込)
定員:100名(会場の都合上、定員に達した場合は締切を早める場合があります)

お申込み

>>東田直樹 出版記念講演会「作家として僕が伝えたいこと」お申込みはこちら
※上記サイトからお申込みができない方は、03-5215-7815 までお問い合わせください。

★お申し込みに関する注意事項

会場の都合上、定員に達した場合は締切を早める場合があります。
こちらの商品はお申し込み後のキャンセルはできません。
講演中の一般の方の撮影・録音は禁止させていただきます。
当日の講演の様子は撮影し、カドブンおよび著者Youtubeチャンネル等で後日、配信させて頂く予定です。その際、客席の皆様が映る可能性がございます。

予めご了承頂けますよう、お願い申し上げます。

★東田さんへのメッセージや質問を大募集!★

講演会では質疑応答の時間も予定していますが、時間に限りもありますので、お答えしきれないことが想定されます。そこで今回カドブンでは、東田さんへの質問や本のご感想、メッセージなどを、期間限定で募集いたします!頂きましたご質問に関しては、講演会当日または後日カドブン内で、東田さんから回答を発表させて頂く予定です(回答させて頂くご質問については、こちらで任意で選ばせて頂きます)。

講演にはお越しになれない方も応募して頂けますので、ぜひこの機会にメッセージをお寄せください。【応募締め切り:7月13日】

>>質問・感想・メッセージを送る方はこちら