「この時代小説がすごい!」 1位(文庫書き下ろし部門2016年版)を獲得した、今最も注目される若手時代小説家の武内涼氏の最新刊!

画像
時代小説単行本、武内涼著『暗殺者、野風』本日発売!『妖草師』(徳間文庫刊)で「この時代小説がすごい!」 1位(文庫書き下ろし部門2016年版)を獲得し、本格歴史小説から、伝奇小説、時代小説と多様なジャンルで活躍中の武内涼氏。最新作の舞台は、戦国時代最大級の激戦として知られる川中島の戦い。その裏で上杉謙信の首を狙う孤独で美しい女刺客と、猛者達による用心棒集団との死闘を描いたエンタメ小説となっている。
さっそく『天下人の茶』『巨鯨の海』で知られる作家の伊東潤氏から熱い推薦コメントが届いた。
この躍動感は何だ!
冒頭の一行目から、あなたは武内涼の虜になる。――伊東潤
さらに、あらすじ動画も配信中だ。凄まじい速さで敵を斬り裂く美しくも孤独な刺客、野風の戦いの行方をぜひご覧いただきたい。

あらすじ

永禄四(一五六一)年九月。武田信玄と上杉謙信は、川中島で対峙していた。時を同じくして、謙信の首を獲れという密命を受け、故郷をあとにした少女がいた。名は野風。野花に似た凜とした美しさをもつその少女は、暗殺者の隠れ里から選ばれた最強の刺客であった。一方、野風を阻止すべく、敵方からは<多聞衆>という、屈指の猛者で組織された用心棒集団が野に放たれる。死んでゆく仲間、裏切り、蹂躙される故郷……湧き上がる怒りと哀しみが、孤独な野風を、恐るべき速さで敵を斬り裂く、赤き鬼神に変えてゆく――

著者プロフィール 武内涼(たけうち・りょう)

1978年生まれ。群馬県出身、高崎市在住。早稲田大学第一文学部卒業。2011年、第17回日本ホラー小説大賞最終候補作となった『忍びの森』でデビュー(応募時タイトル「青と妖」)。15年「妖草師」シリーズが「この時代小説がすごい! 2016年版」で文庫書き下ろし部門1位を獲得。本格歴史小説、時代エンタテインメントで、様々な作品を発表し続けている。他著作に『秀吉を討て』『駒姫』など。次世代の時代小説界を担う期待の書き手。

書誌情報

『暗殺者、野風』
著者:武内涼
発売日:2017年6月1日 ※電子書籍も発売中
定価:本体1,600円+税
頁数:384頁
体裁:四六判並製
発行:株式会社KADOKAWA
本作は書き下ろしです