画像
 約59年の長い歴史を持つ長寿子ども向け番組『おかあさんといっしょ』の11代目うたのお兄さんを、昨年3月に卒業した、横山だいすけさん。彼は「歌手」として「役者」として「タレント」として、TVで見ない日はないほどの八面六臂の活躍をしています。そんな彼が新たに挑んでいるのがオリジナルのミュージカル『だいすけお兄さんの世界迷作劇場』。ステージを通じて、彼はどんな出会いをしているのでしょうか。
画像

──『だいすけお兄さんの世界迷作劇場』も2017年7月から始まり、30日以上、50以上のステージを重ねていらっしゃいました。今回、関東公演を終えてどんなお気持ちですか?

横山:最初は一回、一回のステージを新鮮な気持ちで出来れば良いなと思っていました。まだまだ行けていない土地もたくさんあるのですが、日本のいろいろな場所に行って、出会う笑顔や声援が毎回違うことに驚きました。「(子どもたちには)これが鉄板(絶対に受ける)だろう」と考えたものであっても、反応が地域によって違うので、新たな発見もあります。観客席にいる子どもたちや出演者のみんなで笑い合える空間を持てているということが幸せです。

画像

──『迷作劇場』で初めてミュージカルを知ったお子さんも多いかと思います。横山さんが『迷作劇場』に挑戦したときはどんな心境でしたか?

横山:『迷作劇場』はみんなで歌う「ミュージカル」なので、最初に始めたときは、どんな反応があるのかドキドキしていました。おそらく「ミュージカル」が初めての子が多いだろうし、どうやって受け入れてもらったらいいだろうと不安でした。でも、ステージが始まると、子どもがすごい集中力で見てくれたり、赤ちゃんも手を叩いてくれたりするのがわかって。本当に嬉しかったです。もちろん泣いちゃう子もいるんですが、そういう子はご両親と「『迷作劇場』に行ったこと」が家に帰ってからコミュニケーションの話題になれば嬉しいなと思います。『おかあさんといっしょ』を卒業してからも、子どもたちに芸術を届けることができたのはとても良かったなと思いますし、みんなに「元気を届ける存在」になることが、いまの横山だいすけの目指すところでもあります。

画像

書籍

『横山だいすけ フォトブック げんきよ! とどけ! だいすけお兄さんの世界迷作劇場』

横山 だいすけ

定価 1512円(本体1400円+税)

発売日:2017年12月16日

ネット書店で購入する