menu
menu

試し読み

【12・21発売】冲方丁最新歴史小説『麒麟児』13日連続試し読み 第4回

本屋大賞作家・冲方丁氏待望の歴史長編『麒麟児』が2018年12月21日に発売となります。5年ぶりの歴史長編となる『麒麟児』で冲方氏が描くのは、勝海舟と西郷隆盛。幕末最大の転換点、「江戸無血開城」を命を賭して成し遂げた二人の“麒麟児”を描く、著者渾身の歴史長編です。

本作の発売を記念して、12月7日(金)より12月19日(水)まで計13日間連続での試し読みを実施いたします。『麒麟児』の「序章」と「第一章」、総計82ページ(紙本換算)、約4万字を発売前にお読み頂けます!
>>第1回から読む。
>>前話はこちら

 勝は思わず瞠目どうもくした。日頃、自分を殺しに来た相手にしていることを、そっくりそのままやり返された気分だった。
 絶句する勝に、山岡が、とうとうと訪問の経緯を述べた。
 かねて激派と疑われ、閑職をこうむっていたところ、義兄の高橋〝伊勢守いせのかみ〟精一に呼ばれて、上野で慶喜の護衛をすることとなった。そしてつい先日、急に呼び出されたかと思ったら、慶喜から直々に命を受けたのだという。
「すなわち上様の恭順を朝廷に知らしめ、官軍の戦意を氷解させる役目にござる」
 そしてここからが勝を大いに面白がらせた。
「本当に二心はございませぬか。恭順、恭順とおっしゃりながら、心のうちでは謀略を企てているのではありませんか」
 なんと慶喜その人に、面と向かってそう詰問したのだという。
 ろくに自前の刀も用意できないほど困窮し、ようやく警護の務めを得たに過ぎない身で、主君への疑いを公然と口にするというのは、なるほど大した剛胆さだ。激派と聞いていたが、官軍に対する徹底抗戦の念で血をたぎらせる様子は皆無だし、何より慶喜の裏表のある性格を見抜いたうえで、適切な警戒心を持って接することができる。
 徳川方の武士にとって、慶喜は今なお〝将軍〟である。直接顔を見ること自体恐れ多く、反論などもってのほかで、命令に従わなければ一族郎党が罰され、食い扶持ぶちを失う。
 それが将軍配下の秩序だ。とっくに崩壊寸前とはいえ、それ以外に従うべき秩序はまだどこにもない。だからとにかく〝元〟将軍を奉戴して決起しようとする激派が後を絶たない。これまでと違う生活が想像できないからだ。
 勝とて物事を動かそうとすれば、慶喜から言質を取らねばならなかった。慶喜からの任命がなければ何もできない。その上で、新たな、まだ見ぬ秩序の創成の為に働いていた。
 この男も同様だった。勝や大久保と態度がよく似ていた。慶喜のその場しのぎの策に付き合うことはない。恭順の向こう側、この危機の先に訪れるべき講和を見つめている。
(こいつは熱烈一辺倒の激派じゃねえぞ)
 思った以上に頭が回るし、肝要を得た話し方をする。この時点で勝は、山岡の評判と実像の間にかなりの隔たりがあることを見て取った。
「上様は激昂げきこうなさることもなく、ただ静かに涙を流しておっしゃいました。恭順の他にはいかなることも考えていないのだと。それがしも、上様がまことに誠心誠意、謹慎なされるならば、不肖鉄太郎、そのお心を信じ、この命を賭して君命に応えると誓ったのです」
 勝は言った。
「ようし、すまなかった。おれはあんたと初めて会うし、人となりもよく知らんから疑ってかかったが、こっからは遠慮なく語り合おう。実は、つねづねあんたの噂は耳にしていた。とびきりの奇人と聞き、いつか会いたいとは思ってたんだ。だがとにかく危なっかしい叛逆の徒だって話でな。このおれを刺し殺す気でいるから近づくなとさえ言われてたんだよ。そんなこんなですっかり惑わされて、今日まで来たってわけさ」
「では、それがしを、お信じ下さると」
「ああ、信じよう。叶うならば、おれ自ら出向きたかったが、とにかく江戸を離れることができんのさ。代わりに、あんたが行ってくれれば、どれほど心強いかわからんよ」
「必ずやそう致しましょう。さて、安房守様」
「勝でいいよ、山岡さん」
 山岡がにこっと笑った。でかい顔に太い笑みが浮かんで、なんともい顔だった。
「では勝殿。ただいま江戸を焼く用意をしておられると聞きました。これは、抗戦あるのみというお覚悟とは違うのですね?」
 誰から聞いたかわからないが、焦土戦術のことを聞いていながら、この落ち着きようは大したものだった。
「向こうがやるってんだ。こっちもやるって構えを見せん限り、抑えられんだろう。やるときはやるが、やる必要がなくなればそれでいい」
「向こうがやるとは? 火攻めをするということですか?」
 勝はうなずき、官軍に関する最新の情報を口にした。
「単なる火攻めどころの騒ぎじゃないよ。遮二無二攻めるために自分らの背後に火をつけて退路を断つっていうのさ。攻めねば自分たちが焼け死ぬ。まったく、薩摩っぽが考えそうなことじゃないか? こうなると、ますます江戸を焦土とする覚悟で迎え撃つしか法がねえのさ」
 山岡が目をみはり、口をつぐんだまま深々と鼻で呼吸した。驚嘆と怒りをいっぺんに肚の底に落とし込むためだと知れた。
(ずいぶん禅をやったな)
 その呼吸一つで、山岡の修行がどれほど徹底したものかわかった。
 考えれば考えるほど、今の勝にとっては天佑てんゆうめいた男だった。
 これから決死の覚悟で使者として赴かんとする一方、背後でどのような戦術が用意されているか知ろうとする態度も気に入った。敵地に赴こうという無鉄砲さと、可能な限り情報を集めて成功する確率を上げようとする現実的な入念さが同居しているのだ。
 山岡が打って変わった、低く静かな声音で言った。
「そのような戦となれば無辜むこの民がどれほど死ぬことになるか。ますます我が使命の重さを覚悟する思いです。そのうえで、勝殿に今ひとつ、お尋ねしたきことがござる」
「なんだい?」
「倒幕派と呼ばれる者たちは、そもそもなぜ、幕府を倒さんと願うに至ったのでしょうか?」

 二

 勝は思わず大きく口を開けて山岡を見つめた。相手の真剣そのものといった顔つきに対し、勝はどうにも破顔するのをこらえきれなかった。
 普通は、何を今さら、と返すべきところだ。倒幕が声高に叫ばれるようになってから、どれほどの月日が経ったことか。この男はかつて京に向かった際、何も見てこなかったのだろうか。鳥羽とば伏見ふしみの戦いで官軍に敗北し遁走とんそうせざるを得なかった慶喜の身辺をまもりながら、そんな疑問を抱いていたというのか。今まさに徳川家と佐幕諸藩を壊滅せんと東下する軍勢がいるというときに口にすべきことか。
 単純に考えれば、大馬鹿者だろう。だが勝は、無性に痛快だった。
 そもそも、なぜ倒幕を願ったのか―むしろ今だからこそ、この問いを放つべきではないのか。
 慶喜は、自ら大政奉還をもって幕府を消滅させ、将軍の地位を捨てた。それでもなお、戦が続いている根本的な理由は何か。
 多くの幕臣にとっては、倒幕の念そのものが意味不明である。尊皇攘夷だなどといって、結局は薩摩や長州が将軍職を奪いたいだけだと考えるものなのだ。
 当然、山岡の内心にもそうした思いがあるだろう。だが己自身の思いはさておき、敵の正義を知っておこうという態度が、勝をいたく感心させた。
 確かに、主君の助命嘆願を行うにしても、相手の内面を知っておくことは有利となる。殺されるとしても、なぜ殺されるかを知っていれば惑わずに済む。
 だが、そうした心構えを得るためにだけ答えを欲しているようではなかった。
 なぜ戦うのか。なぜむやみに民衆を困窮させるのか。それだけの価値がある戦か。
 全身全霊で問わんとする山岡の気魄を、勝は感じた。
 そして西郷であれば、この男に応じてくれるに違いない。そういう思いがわいた。
 西郷のことを、「小さく打てば小さく響き、大きく打てば大きく響く」と評したのは、かつて勝が手足のように使い、頼った末、京の一角で暗殺された、坂本龍馬さかもとりょうまという土佐藩出身の浪人である。まったくその通りだと勝も考えていた。天下について問えば天下のことが、正義について問えば正義のことが、西郷の内より大きく響き出す。
 山岡という、体も声も態度もでかい男が打てば、西郷はさらに大きく何かを響かせることだろう。是が非でも、その響き出すものを得ねばならない。
 この危急存亡のとき、山岡をして西郷に、でかい一石を投ぜしめるのだ。

(第5回へつづく)
※掲載しているすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。


関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2022年12月号

11月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2022年12月号

11月5日 発売

怪と幽

最新号
Vol.011

8月31日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

夜は猫といっしょ 4

著者 キュルZ

2

マダムたちのルームシェア

著者 sekokoseko

3

私のジャンルに「神」がいます3

著者 真田つづる

4

疲れた人に夜食を届ける出前店

著者 中山有香里

5

小説 嘘つき魔女と灰色の虹

著者 そらる

6

アイドル失格

著者 安部若菜

2022年11月13日 - 2022年11月20日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP