menu
menu

レビュー

【評者:岸田繁】生き方こそが生業。それがパンクと名付けられたとしても、芸術は人を救う

 恥ずかしながら、この本を読むまで町田康氏の作品に触れたことがなかった。彼の音楽にも、実は未だに触れたことがない。たまたま、だとも言えるが、なんとなく避けていた、とも言える。
 悩み相談に応える、というシンプルなコンセプトの今作を読破し思ったことは、町田康という人の作品に触れることが出来てとても良かった、ということだ。
 人の悩みはそれぞれ、応える側もそれぞれ。正しい導きというものもそれぞれ。釈迦に導かれる人も、今朝の自分の体調に導かれる人もいる。
 かく言う私も悩みを幾つか持っている。誰かに相談することもある。ほんとうの悩みを人に相談することは、ほんとうにしんどいことだ。それが悩みでもある。
 この本の中での悩み相談への受け応えからは、著者の高いリテラシーを感じる。にもかかわらず、軒先か赤提灯で話し込んでいるような、敷居の低いエンタメ性も感じられる。感服せざるを得ない。
 町田ファンに、当たり前だろうと突っ込まれることだろう。

岸田繁さんの書評一覧


紹介した書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

  • 伊坂幸太郎〈殺し屋シリーズ〉特設サイト
  • 伊岡瞬 特設サイト
  • 新井すみこ『気になってる人が男じゃなかった』特設サイト
  • 「おでかけ子ザメ」シリーズ特設サイト
  • 煮ル果実『ポム・プリゾニエール』特設サイト
  • カドブンブックコンシェルジュ ~編集部があなたにぴったりの本をご提案します~ 【編集部おすすめ小説記事まとめ】

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年2月号

1月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年3月号

2月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.015

12月22日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

人間標本

著者 湊かなえ

2

恐竜はじめました2

著者 クラナガ

3

地雷グリコ

著者 青崎有吾

4

気になってる人が男じゃなかった VOL.1

著者 新井すみこ

5

カラフルな魔女 角野栄子の物語が生まれる暮らし

監修 KADOKAWA

6

777 トリプルセブン

著者 伊坂幸太郎

2024年2月11日 - 2024年2月18日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP