menu
menu

レビュー

【レビュアー:美村里江】現実味と創造性を自在に扱う小説家は、読者を満腹にさせる。『敗者の告白』

 転落死した女性とその息子。殺したのは夫なのか? 亡くなった日に女性が出版社へ送っていた手記。孫から祖母へのメール、被告人本人による陳述書……。一人語りという括りで、様々な告白が連なる。序盤は固い書き口・語り口で、それが徐々に解れていき、告白者本人も気づかない“ナマの心理”が、うっかり見えてくる様子が興味深い。
 警察での事情聴取や対弁護士との会話など、慣れない場では殆どの人が緊張し、自分は信用に足る人間であると演じるはずだ。その仮面の隙間から漏れる素肌の発言。弁護士業を60歳まで務め上げた作者の経歴が、リアルな陰影を強める。
 どの人物の告白にも真実味があり、自分の役割を懸命に生きてきた人物と見える。その整然とした流れに逆行して募った言い知れぬ不安が、結末で一気に腑に落ちる。
 弁護士という職業の矜持に盛られた、人生の苦味と幸福の甘みの複雑な余韻が、本作のデザートである。

>>深木章子『敗者の告白』 詳細はこちら


紹介した書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

  • 新刊『闇祓』特集ページバナー
  • カドブンブックコンシェルジュ ~編集部があなたにぴったりの本をご提案します~ 【編集部おすすめ小説記事まとめ】

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2022年1月号

12月25日 発売

怪と幽

最新号
Vol.009

12月21日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

六人の嘘つきな大学生

著者 浅倉秋成

2

黒牢城

著者 米澤穂信

3

闇祓

著者 辻村深月

4

テスカトリポカ

著者 佐藤究

5

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

著者 森岡毅

6

民王 シベリアの陰謀

著者 池井戸潤

2022年1月2日 - 1月9日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP