menu
menu

レビュー

【レビュアー:美村里江】甘い辛い苦い酸っぱい塩辛い……。“カネ”の五味を味わってきた作者からの激励

 漁師町生まれの西原さんが初めて触ったお金には、魚の鱗や血が付いていたそうだ。魚の匂いを漂わせ町を巡るお金。私にとってそれは、緑青と金属の粉とコーキング剤が付着した硬貨。父は板金業だ。お金の匂い=生活の匂いだと西原さんは言う。
 お金に纏わる驚きのエピソードとからっとした笑いの連続、そして時にしんみりとした。私自身、確定申告を自ら全て行い月毎の予算立て等、無頓着ではない方と思う。それでもトラブルに巻き込まれた際、いざお金について勉強し直そうと思っても、こういう率直な話は、どこにも書いていなかった。お金は数字でありながら、感情を、人生を振り回す。
 読後はチェックの付箋だらけとなった本作で、私が一番没頭したのは4章「自分探しの迷路は、『カネ』という視点を持てば、ぶっちぎれる。」だ。
 経験者の素直な感情が込められた明るく真摯な激励。自分個人の人生へ船出する二十代の方々に、特に読んでみてほしい。


紹介した書籍

関連書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

  • 新刊『闇祓』特集ページバナー
  • カドブンブックコンシェルジュ ~編集部があなたにぴったりの本をご提案します~ 【編集部おすすめ小説記事まとめ】

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2022年2月号

1月25日 発売

怪と幽

最新号
Vol.009

12月21日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

黒牢城

著者 米澤穂信

2

六人の嘘つきな大学生

著者 浅倉秋成

3

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

著者 森岡毅

4

テスカトリポカ

著者 佐藤究

5

闇祓

著者 辻村深月

6

民王 シベリアの陰謀

著者 池井戸潤

2022年1月16日 - 1月23日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP