文庫巻末に収録されている「解説」を特別公開!
本選びにお役立てください。

(解説:北上 次郎 / 文芸評論家)
 とても不思議な小説だ。帯には「スパイ小説」とあるのだが、スパイ小説らしくないのだ。なにしろ、「チームは何人おんのや?」「近畿局から監視が一人」「少なっ、やる気あるんか」「やかましい。四の五の言わんと、さっさと行きなはれ」と大阪弁が飛び交うのである。こんなスパイ小説、見たことがない。
 さらに、冒頭近く、大根とキャベツと人参の写真を見るシーンがあり、その後に大根がスーツを着た男で、キャベツがタイトスカート姿の女、人参が自転車に乗った男であることはわかるが、それ以上の説明はない。人参が造船技術者で、キャベツは造船産業的に韓国か中国のスパイというのが「俺」の推理だが、それがはたして当たっているのかどうかも明らかでない。本書の続刊の『猟犬の旗』に、「野菜というのは日本の敵の事だ」とあるので、産業スパイや敵国の諜報員などを表す符丁として野菜名が用いられていることがやっとそこで判明するのだが、それでもわかるのはそれだけだ。「俺」が大阪に潜入して、大根とキャベツと人参を始末しなければいけない理由は、一つも語られないのだ。なんなんだこれ?
 本書が刊行された時に、その新刊評で私は次のように書いた。
「大阪というのは、チャンスを逃した街だ」
 これだけでこの先を読みたくなる。この作者のことをまったく知らずに読み始めたのだが、ここから先は一気読みである。
 日本の誇る情報機関には名前がなく、便宜上その組織は「イトウ家」と呼ばれていること。語り手はその末端の工作員で、何かの指令を受けて大阪に潜入したこと。だから大阪弁が横溢すること。語り手は下手な俳句を作っていること。そういう断片的なことが次々に明らかになるが、物語がどこへ向かうのかはなかなか見えてこない。
 続けて引く。

書籍

『猟犬の國』

芝村 裕吏

定価 821円(本体760円+税)

発売日:2019年05月24日

ネット書店で購入する

    書籍

    『猟犬の旗』

    芝村 裕吏

    定価 734円(本体680円+税)

    発売日:2019年06月14日

    ネット書店で購入する