menu
menu

レビュー

【評者:中江有里】できれば他人を丁度良く愛したい。でも丁度良くがわからないから、苦しい。『恋愛中毒』

 ある会合で話題に上がったAさんという女性。いわくありげで「近づきたくない人」らしいが、みな顔を合わせる度に彼女の話に没頭する。Aさんに会ったことのないわたしは、いつしか想像の彼女と本書の水無月を重ね合わせていた。
 離婚の痛手から、他人を愛し過ぎないように生きてきた水無月。しかし小説家の創路によって、あっけなく誓いは破られる。自分勝手な創路に振り回される水無月の本心はどこにあるのか? そして彼女の過去とは? 
 水や食べ物と違い、愛は目に見えない。だけど両方とも人間に必要で、足りなければ死んでしまう――水無月は常に愛の飢餓感の中にいたのだろう。愛されるために常軌を逸した行動に走った彼女に、正直近づきたくない。だけど嫌いになれない。
「私の中に溜まっていた膿のようなものが、彼めがけて噴き出してしまっただけのことだと思う」もしかしたらAさんも噴き出してしまったのかもしれない。
 誰だって噴き出す恐れはある。


書誌情報はこちら≫山本 文緒『恋愛中毒』


▽「ダ・ヴィンチ」中江有里さん書評・バックナンバー
心がざわつく「あひる」の姿が、読み終わった後も脳裏に浮かんできます。――『あひる』

娘を殺された父の復讐は正義なのか? 重いテーマが導き出す予想外の結末。――『さまよう刃』

自閉症の世界には秩序があります。それを知ればこの世界はもっと広がります。――『自閉症の僕が跳びはねる理由』

小説の面白さを存分に味わえる。切実なまでのこの愛にあなたは気づくだろうか。――『悪いものが、来ませんように』

物を捨てることで人生を考える。片付けという闘いを描いたノンフィクション!――『老いと収納』


紹介した書籍

関連書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

  • 呉勝浩「スワン」
  • 有川ひろさんの新刊についてお知らせとお詫び

カドブンノベル

最新号 2019年12月号

11月10日 配信

ランキング

書籍週間ランキング

1

倒れるときは前のめり ふたたび

著者 : 有川 ひろ

2

スワン

著者 : 呉 勝浩

3

黄金列車

著者 : 佐藤 亜紀

4

ひとり旅日和

著者 : 秋川 滝美

5

誰も知らない高橋大輔

著者 : 居川 大輔(関西テレビ放送株式会社)

6

目を見て話せない

著者 : 似鳥 鶏

11/4~ 11/10 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP