昨年、第九回野性時代フロンティア文学賞を受賞した『永遠についての証明』で鮮烈なデビューを飾った注目の新鋭・岩井いわい圭也けいや。その待望の第二長編となる『夏の陰』が刊行された。
 前作は、数学の天才を主役にした、なんともユニークな数学青春小説だったが、今回のモチーフは剣道。しかも、犯罪加害者の息子と被害者の息子が竹刀を介して対峙するという、シンプルかつ大胆な構図を物語の中核に据えている。
 第一章「竹の檻」の主人公は、京都府亀岡かめおか市の運送会社でドライバーとして働く青年・倉内くらうちがく。十七歳から勤めはじめ、今年で十一年目。営業所ではいちばんの古株だが、正社員になれという所長の誘いを断り、今も契約社員のまま、家賃五万二千円のワンルームにひっそり暮らしている。
 自分のような人間が、正社員になるべきではない。それが、岳が拒否し続ける理由だった。(中略)
 ——実は、殺人犯の息子なんです。
 そう告げた後でも、所長が笑顔で同じ台詞を口にしてくれるとは思えなかった
 岳の人生が一変したのは十五年前、彼が十二歳のときのこと。
 岳の父である浅寄あさより准吾じゅんごは、ギャンブルにのめり込み、妻と息子に暴力をふるう男だった。岳の母親・香奈子かなこは息子を連れて逃げ出し、新生活をはじめるが、やがて居場所をつきとめられてしまう。ついには、改造拳銃を手にした父が息子を人質にとり、母子のアパートにたてこもる事態に。近所の住人の通報でアパートは警察に包囲され、現場は膠着状態に陥る。母親をここに連れてくれば問題は解決すると考えた十二歳の岳は、アパートを飛び出す。ひとりの警官が岳を保護したそのとき、浅寄の銃が火を噴き、銃弾は警官の胸もとに命中。警官は死亡、浅寄は拳銃で自殺する……。
 この悲劇の結果、岳の母親は職を失い、舞鶴まいづるのパチスロ店で働くことに。転入した中学校でひたすら目立たないように毎日をやり過ごす岳。その彼を救ったのが剣道だった。報道によれば、父に射殺された警官・辰野たつの泰文やすふみは、剣道五段。その息子も道場に通っていたという。贖罪のような気持ちもあって剣道に打ち込んだ岳は、十七歳のときに母親のもとを離れ、剣道の恩師・柴田しばたを頼って亀岡に引っ越すことになる。岳は剣道クラブでひたすら腕を磨くが、大会に出たことは一度もない。殺人犯の息子として、〈そういう日なたの世界に出てはいけない〉と思い定め、息を殺して生きてきたからだ。
 しかし、ある日、剣道を通じて岳を生かしてくれた柴田が心筋梗塞で倒れ、一度でいいから公式戦に出てほしいと病床で岳に懇願する。こうして岳は、新たな一歩を踏み出す決意を固める。
亀岡に来てからの十年、岳は竹刀で作られた檻のなかで生きてきた。……しかし、自分の足で人生を歩む時期が来ているのも確かだった。……十年をかけて、柴田は岳を試合で通用する竹刀に育ててくれた

書籍

『夏の陰』

岩井 圭也

定価 1620円(本体1500円+税)

発売日:2019年04月26日

ネット書店で購入する

    書籍

    「本の旅人2019年5月号」

    角川書店編集部

    定価 100円(本体93円+税)

    発売日:2019年04月27日

    ネット書店で購入する

      書籍

      『永遠についての証明』

      岩井 圭也

      定価 1620円(本体1500円+税)

      発売日:2018年08月31日

      ネット書店で購入する