※物語の結末に触れているため、本編読了後にお読みください。

 三人の石橋いしばしユウ。同姓同名だが、字が違う。ゆう悠宇ゆうゆう。そしてそれぞれの母親。三組の親子が登場する。石橋あすみと優、石橋留美子るみこと悠宇、石橋加奈かなと勇。そしてもう一組の親子、石橋耀子ようこゆう。イシバシユウという名の少年が、母親によって虐待死したことで、三組の親子がつながる。あれはうちのユウだったかもしれない……と。だが、この三組の親子は居住地もライフスタイルも違い、互いに接点はない。
 イシバシユウくん、九歳、小学校三年生。高学年に移行する前の、子どもらしさが残る端境期の年齢だ。その後は少年になって、変声期を迎える。力は強いが、まだオトナの女が抑えつけることのできる、ぎりぎりの年齢でもある。
 冒頭に壮絶な暴力シーンが登場する。終わり頃になって、イシバシユウくんが母親によって殺害されたという報道記事が登場する。読者はどのイシバシユウくんが殺されたのだろうか? と気が気でない。物語の展開から目が離せなくなる。
 石橋あすみ(36歳)は静岡在住の専業主婦。夫の太一たいちの収入は安定し、義母と同じ敷地内の一戸建てに住み、ひとり息子の優は優等生で、このなかではもっとも経済的に恵まれた母親だ。手のかからないよい子だったはずの息子は、手の込んだいじめを障がいのあるクラスメートにしかけ、父親を侮蔑し、認知症になった祖母を足蹴にする。最愛の息子は、他人の痛みのわからないエイリアンのような存在に変身していた。息子を責める母に、息子は言い放つ。「ママだってぼくを試してるじゃない。……ママ好みにしてあげてただけ」と。母親が、夫の顔色を見て暮らし、義母との距離をうまくやりくりし、そつなく演技して、欺瞞的な人生を送っていることを、見抜いている。子どものトラブルを聞いても、夫は無責任で逃げ腰。かえって「オマエのしつけがなってない」と妻を責める、そのへんのフツーの父親だ。その夫を「それもわかる」と許容し、息子の豹変ぶりを「反抗期」で片付ける妻にも、子どもの現実と真剣に向きあおうという姿勢はない。
 石橋留美子(43歳)は神奈川県在住のフリーライター。悠宇と二歳違いの巧巳たくみの兄弟がいる。男の子たちは野蛮人でモンスターだ。ちょっとしたことで取っ組み合いの喧嘩をし、家中騒然として落ち着かない。夫のゆたかはフリーのカメラマン、年齢をとって嵩高になり、編集者にとって使いにくくなったのか、めっきり仕事が減った。入れ替わりに留美子は、子育てで一時中断していたフリーライターの仕事を、再開しようとする。「今度はわたしが稼ぐ番……」と。留美子のしごとは順調に進み、夫の収入を上回る。それと共に夫はとみに無気力になり、留美子に嫌みを言うようになる。自分が稼いでいるのだから、家事や育児を分担してほしいという留美子の期待にも、いやいやしぶしぶにしか応えない。締め切りに追われながら充実感を感じる妻に対して、夫はますます卑屈に自己中になっていく。絵に描いたような展開が、わかりやすすぎる。ライターの職場は職住一致、自分のしごと場は聖域だから立ち入らないようにと、息子たちに命じるが、いっこうに効き目はない。ちらかったリビングを片付けるように夫や息子たちに言い渡すと、夫は息子のゲーム機をやにわにとりあげ、おもちゃをこわす。父親に挑みかかる息子を蹴り飛ばし、まるで三番目の息子のようなおとなげない暴力をふるう。だが息子と違ってガタイの大きい大人の男の暴力に、留美子はおびえる。

書籍

『明日の食卓』

椰月 美智子

定価 734円(本体680円+税)

発売日:2019年02月23日

ネット書店で購入する

    書籍

    『さしすせその女たち』

    椰月 美智子

    定価 1512円(本体1400円+税)

    発売日:2018年06月22日

    ネット書店で購入する