読後、豊かな物語だけがもつ圧倒的な迫力に、思わず唸ってしまった。なにしろ、この辻堂つじどうかい「刃鉄の人シリーズ」は、本書で三巻目だが、巻を追うごとに読後の充実感が増すという稀有な造りとなっている。別な表現をすれば、研ぎ澄された刀をさらに鍛え上げた鮮やかな切れ味を堪能できるということである。これは文庫書き下ろしシリーズをホームグランドとして、修練を重ね、技術を習熟させてきた作家のたどりついた境地といっていい。
 作者のこの境地は〝文庫書き下ろし時代小説〟が出版マーケティング上、選択せざるえないシリーズ化という足枷を、自らの小説作法の肥やしとして成熟化の道を歩んできた賜物といえる。つまり、シリーズものと単行本の違いをただ単なる判型の違いにとどめず、人物像の彫りをより深く描けること。密度の濃い群像ドラマとして仕立てやすいこと。この両者をテコとする手法を自家薬じかやく籠中ろうちゅうのものとしてきた結果でもある。
 要するに本書は読みどころ満載なのである。第一は、考えぬかれた優れた人物造形である。主人公である一戸前いっこまえ国包くにかねは家宝の刀に魅せられて以来、武士の身分を捨て刀鍛冶に心血を注いできたという設定。加えて、天稟てんぴんの素質と言われた神陰しんかげ流の達人でもある。辻堂ファンならばこの設定が、剣の達人で算盤そろばんの練達者という「風の市兵衛シリーズ」の手法を踏襲したものであるのに気がつくと思う。同シリーズは主人公が二つの得意技を持っていることで、ディテールに富んだ印象的なシーンと、そこから派生する人間ドラマを質の高いエピソードに仕上げ、それが人気の的となったのである。
 本シリーズも第一巻を読むと明らかなのだが、細密画を見るような刀鍛冶の場面と、迫真に満ちた剣戟けんげき場面が、人間の欲望や愚かな所業を包み込むような形で混在しているところから面白さが生まれている。それを際立たせ、支えているのが、
「力およばず、道理はなく、望まれずとも、わが一個の意地はあります。意地こそわが武芸の極意。斑目どの、やると決めたのです。立ち去る気は、ありません。やるしかないのです」

第一巻・第三章「玉川原」

 このセリフが象徴する孤高にして矜恃を失わぬ国包の生き様なのである。さらに意表を突くのが暗殺者としての一面をも兼ね備えているという設定。といっても暗殺を引き受けるのは事の真相を知りたいという性分からで、心憎いほどうまい造形が施されており、それが懐の深い国包の魅力となっている。
 加えて、見逃がしてはならないのが、老僕にして剣の師でもある十蔵じゅうぞうの存在である。国包と十蔵の関係を見事に描いた場面がある。それを紹介しておこう。
 甚左は即座に攻勢に移った。
 八相からの鋭い袈裟懸(けさがけ)が、国包に襲いかかった。
 途端、国包は甚左へ左の肩先をぶつけるかと見えるまで懐深く肉薄し、甚左の左をすり抜けながら、袈裟懸をはずしたのだった。
 両者が体を擦るようにすり抜けたとき、両者の緊迫がくだけ火花を散らした。
 両者は再び立ち位置を入れ替えた。
 だが、今度は反転しなかった。
 甚左は袈裟懸の一刀を下段に落とし、ゆるやかになびかせた。
 国包は、後ろ脚から一刀の切先まで、雲間からのぞく青空へ指すひと筋の線のように、身体を静止させていた。
 十蔵はそれを知った。そして、
 決した……
 と、呟いた。

第二巻・第三章「大川越え」

書籍

『あらくれ 刃鉄の人』

辻堂 魁

定価 734円(本体680円+税)

発売日:2018年12月22日

ネット書店で購入する

    書籍

    『刃鉄の人』

    辻堂 魁

    定価 648円(本体600円+税)

    発売日:2016年03月25日

    ネット書店で購入する

      書籍

      『不義 刃鉄の人』

      辻堂 魁

      定価 648円(本体600円+税)

      発売日:2016年12月22日

      ネット書店で購入する