かつて東京を壊滅寸前まで追いやった魔人・加藤かとう保憲やすのりが、二一世紀に復活。この国を荒廃させるため、暗躍を開始する。加藤の計略によって人びとの心から余裕が失われ、妖怪とそれを愛してやまない「妖怪馬鹿」たちに未曽有の危機が訪れる<2014>。
虚実うそまこと妖怪百物語』は「百鬼夜行」シリーズや巷説こうせつ百物語」シリーズで高い人気を誇る現代の戯作者・京極夏彦さんが二〇一六年に発表したエンターテインメント小説だ。
 原稿用紙に換算して約一九〇〇枚。京極史上最長を誇るというこの巨編は、妖怪専門誌『かい』に二〇一一年から足かけ六年にわたって連載され、若干の加筆修正を経て、『序』『破』『急』全三巻からなる単行本として刊行された。本書はその文庫版の第一巻である。
 もしあなたが作品本編を読み終えたばかりなら、都内の出版社で発生したショッキングな事件を目の当たりにし、先が気になっているところだろう。だとしたらこの解説など遠慮なくスルーしてもらって構わない(僕が読者でもそうすると思う)。ここからの数ページは『破』の前に一息入れたいという方に向けての、ちょっとした休憩時間のようなものだ。
 角川書店の『怪』編集部でアルバイトとして働く榎木津えのきづ平太郎へいたろうは、同誌編集長の郡司ぐんじさとしとともに調布ちょうふにある水木プロに向かった。彼ら妖怪愛好家が尊敬してやまない水木しげるから、緊急の呼び出しがかかったのだ。
 憧れの水木プロに足を踏み入れてひそかに舞い上がる平太郎だったが、水木の用件は決して明るいものではなかった。「妖怪の危機」が目前に迫っているというのである。水木の鋭敏な感覚によって長年捉えられてきた、目に見えないものたち。それが日本から急速に失われつつあるという。「このままではあんた、ニッポンはおかしくなりますよ」と水木は叫ぶ。
 というのが、この長い物語の導入部分である。
 一読して明らかなとおり、本作は実在する人物が本人役として登場する「実名小説」だ。水木しげるはいうまでもなく、「邪悪な五月人形」のような郡司聡も、『怪』の寄稿者として平太郎が名をあげている村上むらかみ健司けんじ多田ただ克己かつみも現実に存在する人物。他にも『怪』の関係者を中心に、数え切れないほど多くの作家・編集者・研究者などが実名で登場し、物語を彩っている。
 ついでにいうなら、具体的な社名とともに描かれる出版業界のディテールも極めてリアル。たとえば角川書店で働き始めた平太郎が、『怪』を編集する部署がないことを知って驚くくだりがあるが、あれも事実を忠実に写している。
 では、本書は現実をあるがままに描いたノンフィクション・ノベルなのか。もちろんそうではない。黒幕として不気味な動きを見せる加藤保憲は、もともと一九八〇年代にベストセラーとなった荒俣宏『帝都物語』に登場するキャラクターだし、日本各地で妖怪パニックが発生し、妖怪愛好家たちが巻きこまれるというストーリー自体、虚構性が高いものだ。
 本書のユニークさは、著者の周囲に存在する「現実」を作品の主要パーツとして用いながら、壮大なスケールの「虚構」を紡ぎ上げてしまった、その虚実の接続具合にあるのだと思う。映画に喩えるなら、プロの役者をほとんど使わず、あえて身のまわりの人と風景で超大作を撮ったようなものだ。普通なら目も当てられない結果になるところだが、そこは妖怪関係者たちの際立った個性と、京極さんの圧倒的な情報処理能力によって、見事に斬新なエンターテインメント小説として成立している。
 さて、水木しげるの不吉な言葉を裏づけるように、おかしな事件が『怪』関係者に起こり始めていた。ライターの村上健司とレオ☆若葉は、取材のために訪れた信州で、現れては消える尋常ならざる少女に遭遇する。一方、小説家の黒史郎は知人女性から、ミクロネシアのマイナーな妖怪につきまとわれているという相談を受け、困惑していた。妖怪研究家の多田克己は史跡巡りをしていた浅草で、江戸時代の奇談随筆そのままの特徴をもった妖怪を目撃し、興奮する。
 本来、目に見えるはずのないものが、突如姿を現し始めた日本。妖怪騒ぎは全国に広がり、マスコミでも大々的に取りあげられるようになってゆく。
 これまで京極作品に親しんできた読者ほど、こうした展開には驚かされることだろう。『姑獲鳥うぶめの夏』のデビュー以来、京極さんは好んで妖怪を扱い、その作品はしばしば「妖怪小説」とも呼ばれてきた。しかしそれはあくまで「妖怪についての小説」であり、妖怪そのものを正面から描いてはいない。たとえ妖怪の仕業にしか思えないような出来事が描かれたとしても、やがて合理的に解体されてゆく。
 ところが、本作でははっきり目に見える形で、呼ぶ子やしょうけら、一つ目小僧といった妖怪たちが現れてくる。手に触れられるし、カメラで撮影すらできる。名だたる妖怪愛好家たちが、次々と妖怪に遭遇してゆく本作の展開は、「この世には不思議なことなど何もない」という有名なフレーズに象徴される京極作品のルールを、大きく逸脱しているようにも見える。この異色の試みにこめられた著者の意図とは? それは『破』『急』と物語が進むにつれて、少しずつ明らかになってゆくことだろう。
 単行本刊行時のインタビューによれば、この小説はもともと二〇〇五年公開の映画『妖怪大戦争』のために作られた原案がベースになっているという。
『妖怪大戦争』は三池崇史監督、神木隆之介主演で製作された妖怪アクション映画で、京極さんも水木しげる、荒俣宏、宮部みゆきと結成した「プロデュースチーム『怪』」の一員として、プロデューサーに名を連ね、原案などにも携わった。

書籍

『虚実妖怪百物語 序』

京極 夏彦

定価 864円(本体800円+税)

発売日:2018年12月22日

ネット書店で購入する

    書籍

    「怪 vol.0053」

    荒俣 宏 京極 夏彦 村上 健司 多田 克己

    定価 1728円(本体1600円+税)

    発売日:2018年11月14日

    ネット書店で購入する