本書『女が死んでいる』は、貫井徳郎ぬくいとくろうの五冊目の短篇集である。しかも、表題作以外の七篇は、いずれも著者の単独著書に入るのは初めてだから、実質的には、ほぼ文庫オリジナル作品集といっていい。
 一九九三年、第四回鮎川哲也あゆかわてつや賞の最終候補となった長篇『慟哭どうこく』を十月に東京創元社から刊行してデビューしてから、本書が刊行される二〇一八年八月まで、その作家活動は二十五年に及ぶが、長篇作品三十一作に対して、短篇集四冊は、あまりにも少ない。
 その一覧は、こうだ。
  •  A 崩れる 結婚にまつわる八つの風景 97年7月 集英社 → 00年7月 集英社文庫 → 11年3月 角川文庫
  •  B 光と影の誘惑 98年8月 集英社 → 02年1月 集英社文庫 → 10年11月 創元推理文庫
  •  C 被害者は誰? 03年5月 講談社ノベルス → 06年5月 講談社文庫
  •  D ミハスの落日 07年2月 新潮社 → 10年3月 新潮文庫 → 16年9月 創元推理文庫
 Aは副題にもある通り「結婚」をテーマにした作品集、Bはトリッキーな四つの作品をまとめた中篇集である。Cはミステリ作家・吉祥院慶彦きっしょういんよしひこが探偵役、後輩の桂島刑事がワトソン役を務める連作、Dの収録作品は、すべて海外を舞台にしている。
 こうして見ると、テーマ、スタイル、キャラクター、分量などに統一感を持たせた作品集ばかりであり、本書のようにバラエティ豊かな中・短篇が並ぶ本は、一つもないことが分かる。当然、そこには著者自身の意向が強く働いていたはずだ。
 おそらく貫井徳郎と同じ方針の持ち主だったと思われるミステリ作家の都筑道夫つづきみちおは、短篇集『アダムはイヴに殺された』(80年4月/桃源社)のあとがきで、こう述べている。
 一冊分たまりましたから、本にしました、というような短篇集は、つくりたくない。そんなことを考えていると、どうしても、はみ出す作品が出てくる。長いあいだに、それが一冊分になって、桃源社が持っていった。近年の作もあれば、二十年まえに書いたものもある。それでも、本にするのは、いずれも初めてのはずで(以下略)

書籍

『女が死んでいる』

貫井 徳郎

定価 778円(本体720円+税)

発売日:2018年08月24日

ネット書店で購入する

    書籍

    『北天の馬たち』

    貫井 徳郎

    定価 821円(本体760円+税)

    発売日:2016年09月24日

    ネット書店で購入する