【カドブンレビュー】

 NH●の教育テレビに「ねほりんぱ●りん」という番組がある(現在はシーズン2が終了)。少年院経験者やヒモと暮らす女など、顔だしNGのゲストが、壮絶な半生や現状を赤裸々に語る。
 ただ、ゲストはブタの人形、聞き手はモグラの人形に扮することで、一見子ども向けの人形劇だ。
 聞き手の絶妙なツッコミもあって、笑いあり、味わいありの番組に仕上がっている。
『新版 母さんがどんなに僕を嫌いでも』を読んで、この「ねほりんぱ●りん」を思い出した。
作者・歌川たいじさんの壮絶な半生を“一見コミカルなマンガ”というフィルターを通して描くことで、逆に見えて来るものがある。

 歌川さんは町工場を経営する夫婦の元に生まれた。
 父はほとんど家族に関心を持たない上に、女の影があり、母とのケンカが絶えなかった。
 母はすごく美しい人だった。
 だから小さい頃からずっと母に愛されたかった。なのにいつも邪険にされた。まとわりつこうとしては、何度も手を上げられた。母が姉だけを連れて家出したこともある。
 学校では、激しいいじめや仲間はずれの対象になっていた。
「みっともない」「気持ち悪い」と家でも学校でも言われ続けた。
 その後、歌川さんと母との仲はますます悪化。17歳の時、ついに家を飛び出すことになる。

 そんな歌川さんがどうやって母親との確執を乗り越えたのか、どのようにいじめのトラウマを克服して来たのか。二十数年に及ぶ苦闘の歴史が、たった150ページ弱のマンガの中に、赤裸々に、濃縮されて描かれている。

 このようにシリアスな告白本は、感情移入することがつらすぎて、時に読み進めることができなくなる。
 しかし、マンガの絵柄がコミカルかつ明るいので、読者は本を閉じることなく、適度な距離感で読み進めることができるのだ。
 歌川さんの思いがすんなりと心に入ってくる。
森さん作:幼い頃の歌川さんと”ばあちゃん”のイメージ

森さん作:幼い頃の歌川さんと”ばあちゃん”のイメージ

書籍

『新版 母さんがどんなに僕を嫌いでも』

歌川 たいじ

定価 1188円(本体1100円+税)

発売日:2018年06月30日

ネット書店で購入する

    書籍

    『花まみれの淑女たち』

    歌川 たいじ

    定価 1728円(本体1600円+税)

    発売日:2018年08月30日

    ネット書店で購入する