お待たせしました!と声を大にして言いたい。『正義のセ』第3巻がようやく発売となったのだ。2016年8月に1巻目が、2017年1月に2巻目が出て、ようやく、やっと、3巻目が読めると欣喜雀躍する読者の姿が見えるようだ。
 いやいやまずは、何も知らずこの3巻目から手に取った人、あるいは解説から読んで買おうかどうか考えようとしている人に少し事情を説明しなくてはならない。
 焦らしついでに、今までの経過を少しだけ記しておこう。
 下町の竹村豆腐屋の長女、凜々子は正義感が強い。小学校5年生のとき、近くの御茶屋の老夫婦が強盗に襲われ、おじいさんが殺されるという経験をする。
 時を同じくして、秋田からの転校生、小林明日香をかばったことでイジメの標的にもなってしまう。
 担任教師に抗議をした態度が、検事に向いていると指摘され凜々子の胸に小さな灯がともった。
 24歳で司法試験に合格。3カ月の研修後、さいたま地検へ赴任した。新人時代は捜査と公判を半年ずつ受け持ち、1年後には検察の仕事の全体像を把握し一人前となった。
 最初は交通事故死の事件でさえおどおどしていたが、4年目の横浜地検勤務時代では、暴力団の内部抗争事件の犯人の自白を得るまでに成長していく。
 その横浜地検で5年目を迎えた凜々子が担当したのが連続強姦事件。現場の状況から同一犯とみなされ、警察の捜査によって容疑者が逮捕された。送検された容疑者から供述も順調に取ることができ、現場に残された靴跡などの証拠も固まって起訴請求まで持ち込めば凜々子の仕事は一件落着だ。
 その間、豆腐屋を継いだ妹、温子の恋愛話あり、ストーカーのように凜々子を慕う同期検事の神蔵守のアプローチあり、女性の同期検事、笹原順子の不倫スキャンダルあり、とプライベートも賑やかだ。
 

書籍

『正義のセ 3 名誉挽回の大勝負!』

阿川 佐和子

定価 691円(本体640円+税)

発売日:2017年 04月 25日

ネット書店で購入する

    書籍

    正義のセ 2 史上最低の三十歳!

    阿川 佐和子

    定価 648円(本体600円+税)

    発売日:2017年01月25日

    ネット書店で購入する

      書籍

      「負けるもんか 正義のセ」

      阿川 佐和子

      定価 1512円(本体1400円+税)

      発売日:2015年7月2日

      ネット書店で購入する