中山七里は怪物である。睡眠時間は一日一時間、トイレは一日一回、睡魔に勝つために足の指にコンパスの針を刺し血まみれになって執筆する、などの都市伝説的な怪物神話を持っているが、その仕事量は超人的である。連載は常に十本以上抱え、単行本の刊行は途切れることなく、早いときは二か月おき。しかも刊行予定は数年後までぎっしり。恐るべき分量もさることながら、世に送り出される作品の質もまた凄まじい。〝どんでんがえしの帝王〟という異名もすっかり馴染んでおり、この作家を前にしてどんなことが起きようが驚かないが、常に前作を更新し続ける力量には正直、鳥肌が立つほどだ。本人曰く「作品を書き続けている以上、その腕前が上がっていくのは当たり前」とのことだが、そんな簡単なことではあるまい。いい作家は時代を先取りするテーマをものにするが、まさに中山七里作品を読めば、いま現在、そしてこれからの時代がよくわかる。真の正義を問いかける社会派でもあり、いま最も信頼のおける作家のひとりであると断言できる。
 
 さて本作『ドクター・デスの遺産』もまた社会派・中山七里の本領発揮の充実作だ。刑事犬養隼人シリーズの最新作で「日刊ゲンダイ」連載の単行本化であるが、テーマはズバリ「安楽死」。巨匠・手塚治虫が生み出したブラック・ジャックのライバル、ドクター・キリコが想起され、実に深遠な主題だ。生きる権利と死ぬ権利。相反する当事者たちの相克と懊悩。いまだ結論の出ない禁断の領域に鋭く研ぎ澄まされたメスのような筆致で切り込んでいく。
 物語は「悪いお医者さんが来て、お父さんを殺しちゃったんだよ」という少年からの衝撃的な通報から始まる。安楽死を請け負う医者を追及するスリリングかつミステリアスな展開も絶妙だが、そうした違法の医者に頼らざるを得ない苦渋の選択も身に迫る。内容的には医療ものでも刑事ものでもあり、さらに家族ものとしても読める。中山七里のエッセンスが凝縮された一冊ともいえよう。
 介護地獄で疲弊し安楽死で救われる人もいれば、あくまで法という名の正義の下、使命感を持ってわずかな命の灯を守ろうとする者もいる。生きたい、死にたい、それぞれの慟哭が胸を激しく揺さぶり続ける。

書籍

『ドクター・デスの遺産』

中山 七里

定価 1620円(本体1500円+税)

発売日:2017年5月31日

ネット書店で購入する

    書籍

    本の旅人2017年6月号

    角川書店編集部

    定価 100円(本体93円+税)

    発売日:2017年05月27日

    ネット書店で購入する