懐かしい馳星周が帰ってきた。いちだんと洗練され、いちだんと哀愁の色を濃くして。
 馳星周は一九九六年のデビュー作『不夜城』で吉川英治文学新人賞、第二作『鎮魂歌 不夜城Ⅱ』で日本推理作家協会賞を受賞。二作で文壇の寵児になり、期待の高まるなか発表されたのが、第三作『夜光虫』だった。この小説は、六大学から鳴り物入りでプロ球団に入った投手が、肩の故障で引退。事業で多額の借金を作り、台湾に渡り、プロ野球で八百長試合に手を染め、やがてやくざの抗争に巻き込まれ、次々と殺人を犯していく話だった。
 その男が顔を変え、名前を変え、イタリアに逃れた。本書『暗手』はそこから始まる。
 台湾で破滅した男は、いまではヨーロッパの黒社会で暗手とよばれ、殺し以外の仕事ならなんでも請け負っていた。そんな男のところにサッカー賭博組織の末端に連なるチンピラから、日本人のゴールキーパー大森怜央を抱き込んでくれないかという依頼がある。
 大森が在籍しているセリエAのロッコはセリエBへの降格もありうる状況だった。守備力強化のためにベルギーのチームから移ってきた大森に八百長をさせろというのだった。
 男は偽りの日本人名を使い、大森に近づく。娼婦ミカを雇い色仕掛けで籠絡するものの、大森の姉である綾が登場して歯車が狂いだす。綾は、男が台湾で愛し、愛したがゆえに殺人を繰り返すはめになった運命の女と似ていたからだ。男は綾と関係を深め、台湾時代とつながりがある殺し屋馬兵の裏をかいて事を運ぼうとするのだが……。
 殺し以外の仕事をしていた男が、嘘に嘘を重ねて、再び殺人を繰り返すはめになる。小説では、どこまでも堕ちていく男の行動と内面に焦点をあてていく。一言でいうなら、激情を抑え込む男の焦燥と孤独と絶望が脈打っている。言葉が何度もリフレインされ、語尾がリズムをきざみ、読者は激しく感情をかきたてられ、物語へと深く入り込むのだ。ひりひりするような感覚を至るところで覚え、物語のドライヴ感にうちふるえることになる。

書籍

『暗手』

馳 星周

定価 1728円(本体1600円+税)

発売日:2017年4月26日

ネット書店で購入する

    書籍

    夜光虫

    馳 星周

    定価 994円(本体920円+税)

    発売日:2001年 10月 25日

    ネット書店で購入する

      書籍

      『本の旅人』2017年5月号

      角川書店編集部

      定価 100円(本体93円+税)

      発売日:2017年04月27日

      ネット書店で購入する