今月(二〇一七年三月)も、今井絵美子の文庫本が二冊刊行された。一冊は、二〇一五年八月に角川春樹事務所から刊行された代表作の一つ、『綺良のさくら』(ハルキ文庫)の文庫化で、いま一つは〈便り屋お葉日月抄〉シリーズの第十弾『友よ』(祥伝社文庫)。書下ろしである。
 近頃、還暦が近いせいか、やたら涙腺が弱くなっている。『綺良のさくら』は再読だから、といいきかせ、書庫にしまい込んで、それでも『友よ』は、新作だからと――本当は今井節に泣かされたいくせに――ページを繰ると、ラストのラストでもういけない。
 批評家はもっと客観的冷静さを持ってなければいけないのに、私の場合、どうしても〈情〉の部分を抑えることができないのだ。
 それも今井作品の場合、彼女の四代にわたる愛猫キャシーとの自叙伝『いつもおまえが傍にいた』(二〇一六年七月、祥伝社)を読んでからはなおさらのことだった。
 これは、文壇関係者や一部の読者は御存じだったと思うが、彼女はこの一巻の中で自分の波瀾万丈の人生とともに、ステージ4、余命三年と宣告された乳癌との闘病生活を克明に記していたからである。
 その中で今井絵美子は、次のようにいっている。

 いわく「余命が判っただけでもありがたい」。
 いわく「T医師にしてみれば、わたしが薬物治療や手術をしないと宣言しているため、痛みを抑える以外に手の施しようがないのであろう。/が、痛みさえ抑えられれば、小説は書ける」。
 さらに「昨日改めて数えてみたところ、二年前に五十冊記念パーティを開いてもらった後、すでに二十九冊刊行しているのである。/百冊刊行までに、後二十一冊……。/今年のリオデジャネイロには間に合わないとしても、この調子でいけば平昌の冬のオリンピックまでには百冊いけそうである」とも記している。
 何と誇りに満ちた宣言であろうか。
 このくだりを読むにつけ、私は人間とは何と素晴らしいものであるかと思わずにはいられないのだ。
 そして『群青のとき』は、今井絵美子の本格的な幕末小説として文学史に残る力作である。この作品は二〇一四年、KADOKAWAから刊行された小説で、これまで脇役的存在でしかなかった幕末前夜の老中・阿部正弘を描破し切った、恐らくはじめての作品である。

書籍

『群青のとき』

今井 絵美子

定価 691円(本体640円+税)

発売日:2017年4月25日

ネット書店で購入する

    書籍

    ネット書店で購入する