高校野球好きでなくとも広く知られた甲子園エピソードに、「奇跡のバックホーム」と呼ばれるものがある。
 一九九六年八月二十一日、第七十八回全国高等学校野球選手権大会決勝戦、松山商業対熊本工業。
  三対三の同点で迎えた延長十回の裏、ワンアウト満塁で熊本工業の三番バッターが初球を捉えた打球は、高々とライトに上がる。浜風に押し戻されたものの、犠牲フライには充分、サヨナラだと誰もが思った。
 一旦バックして、慌てて前進したライトは、前進しながらキャッチした勢いを利用して、思い切りバックホーム。
 日本で少年野球を経験した者なら、誰もがそれを見て「駄目だこりゃ」「一か八かは分かるけど」と嘆息したことと思う。
 レーザービームではない、中継も使おうと考えていない、超山なりの返球だった。
 だが、その大陸弾道ミサイルみたいな超山なりのボールは、山なりだったが故に浜風で加速し、なんとダイレクトでキャッチャーミットに収まる。
 間一髪のタッチアウト。
  試合はその直後、延長十一回の表に三点を勝ち越した松山商業が、十一回の裏を抑えて優勝を飾る。
 この試合が奇跡と呼ばれるのは、あのバックホームのワンプレーだけが理由ではない。
 九回裏の熊本工業の同点ソロホームラン、十回裏のライトフライの直前に宣せられたライト守備交替、強い浜風、鍛えられていたからこそ三塁ランナーが選択した最短距離の走路、練習で大暴投を繰り返していたことを思い出したキャッチャーの位置取り、バットを拾おうとしたためにセオリーとは異なる位置に移動せざるを得なかったが、そのおかげでタッチの瞬間を見極めることができた主審のポジショニング、十一回の表の先頭バッターが松山商業のライトで、彼が二塁打で出塁し勝ち越しのホームを踏んだこと。
 奇跡は、確かに人知を超えた場所で差配される。しかし奇跡は、人が思い、考え、感じ、血と汗と涙を流した積み重ねの先にこそ、起こり得る。
 ライトに白球が飛び、その軌道よりも超山なりのボールが返球され、主審がアウトを宣告したあの瞬間、僕達は確かにそれを実感した……。

『敗者たちの季節』を読み終わり、僕が最初に思い浮かべたのは、この「奇跡のバックホーム」だった。
 僕も野球小説を書いたことがあるので、極端なことは書けないことが分かっているつもりだ。あの「奇跡のバックホーム」のようなことを書けば、「現実では有り得ない」と言われるに決まっている。まさしく「事実は小説より奇なり」だ。
 だが、本書で描かれるこの奇跡は凄い。確かに起こり得る。現実にも、レアケースとはいえいくつか起こっている。
 そういうことも含め、あさのあつこさんの作品はリアルだ。
 会話を交わすシーンは少ない、あるいは、まったくない場合さえあるのに。
 そして、人間関係が濃密だ。

書籍

『敗者たちの季節』

あさの あつこ

定価 648円(本体600円+税)

ネット書店で購入する

    書籍

    ネット書店で購入する