法律の世界は不変ではない。古い法律が廃止されることもあれば、新しい法律が作られることもある。法律を運用する制度においてもそれは同様で、近年でいえば、裁判員制度の導入が好例だろう。重大な刑事裁判で、有権者から選ばれた裁判員が裁判官とともに審理に参加するというその新たな制度が施行されたのは二〇〇九年五月のことであった。現実の変化は当然ながら、フィクションの世界にも影響を及ぼさずにはおかない。法律やその制度を題材にしたリーガルミステリーは古今東西少なくないが、裁判員制度の導入は施行の一年余前からそれを題材にした作品も出るほど大きな変革だった。
 そんなシステムの改変期に颯爽と登場したのが大門剛明である。
 大門のデビュー作は第二九回横溝正史ミステリ大賞と同賞のテレビ東京賞をW受賞した長篇『雪冤』。京都で起きた殺人事件の犯人として被害者の合唱団仲間の京大生が逮捕され死刑が確定するが、その執行が迫る一五年後、真犯人らしい人物が現れるという、タイトル通り、冤罪や死刑制度を題材にしたリーガルミステリーだった。裁判員制度についても、司法改革の是非を問う長篇第三作『確信犯』で扱うなど、大門は早々とこのジャンルで活躍を始める。それを知る者であれば、誰しもがリーガルミステリーの旗手としてとらえるであろうことは想像に難くない。だが、作家大門剛明の真骨頂は、法律やその制度自体のありかたもさることながら、むしろそれを通して広く社会の移り変わりに目配りし、その是非を問うことにあるのではないか。
 本書『優しき共犯者』(『共同正犯』改題)は二〇一一年七月、角川書店(現株式会社KADOKAWA)から刊行された書き下ろし作品である。著者の長篇第五作に当たるが、それまでのリーガルミステリー系と比べると、作家としての著者の懐の深さが伝わってくる作品に仕上がっている。
 物語はまがまがしいプロローグののち、山陽電鉄網干線の夢前川駅近くにある居酒屋利庵の繁盛ぶりから幕を開ける。姫路名物どろ焼きを売りものにするこの店は鳴川仁が亡き母から譲り受けたもの。彼は三七歳になる今も店の二階にひとり住まいをしていた。店の常連はかつて鳴川自身勤めていた弓岡製鎖工業の従業員たち。鳴川は社長亡き後その座を継いだひとり娘・弓岡翔子のことを想い続け、何かと世話を焼いていた。だが同社の管理部部長・山崎祥二によると、翔子はかつて付き合っていた男――弓岡製鎖工業と提携していた石井鉄鋼の跡取り、石井一樹に連帯保証人にさせられ、その債務を負っていた。その額、三億二〇〇〇万円。鳴川には到底融通出来ない大金だった。

書籍

『優しき共犯者』

大門 剛明

定価 691円(本体640円+税)

発売日:2017年4月25日

ネット書店で購入する

    書籍

    ネット書店で購入する