役者として“家族もの”の撮影は、いつも独特の緊張をする。何らかの理由で側に居ない、という場合も含め、誰にでも家族はあるからだ。存在が当たり前になっているもの程、違和感は気付かれやすく、扱いが難しい。
 植物の名を有した6編の物語は、どれもごく身近な描かれ方をし、その上で「家族あるある」を逃さず養分として枝葉を伸ばしている。子供を持たない私でも、子供の可愛さや体温、汗ばんだ肌を感じられる。不貞の瀬戸際に立つ男心すら解るような気になり、十代の繊細な心とその揺れも、男女関係なくすっと胸に入り清々しい気分を味わった。
 大袈裟でない、生の生活に沿ったエピソードで紡がれているからこそ、老若男女問わない6人の主人公の立場全てに同調ができるのだ。簡単に見えるさりげない工夫が、家族もの短編集として王道の威力を発揮している。
 読後のため、作中に度々出てくるココアを用意しておくことをオススメしたい。

どこにでもいる家族の、どこにでもある日常。魂をゆさぶる5つの物語。"

関連記事

どこにでもいる家族の、どこにでもある日常。魂をゆさぶる5つの物語。

一つの街のなかで、それぞれの事情を抱える家族に焦点を当てた連作集『水やりはいつも深夜だけ…

【対談 加藤シゲアキ×窪美澄】結婚、家族、小説家という職業について。"

関連記事

【対談 加藤シゲアキ×窪美澄】結婚、家族、小説家という職業について。

窪さんの『水やりはいつも深夜だけど』が2017年5月に角川文庫より文庫化されました。単行本刊行…

書籍

『水やりはいつも深夜だけど』

窪 美澄

定価 605円(本体560円+税)

発売日:2017年05月25日

ネット書店で購入する