この「キャラホラ通信」では、角川文庫キャラクター文芸&角川ホラー文庫の新刊を毎月ご紹介していきます。
今月は、ドラマ化もされた大人気シリーズ最新刊、椹野道流さんの『最後の晩ごはん 秘された花とシフォンケーキ』、さらに、第3回角川文庫キャラクター小説大賞《読者賞》を受賞した路生よるさんの人気シリーズ最新刊『地獄くらやみ花もなき 参 蛇喰らう宿』が登場! ほかにも、岩井志麻子さんが描き出す怪談実話『忌まわ昔』など、今月も豪華なラインナップをお届けします。

画像

◆6月新刊案内

【角川文庫キャラクター文芸】

画像
『最後の晩ごはん 秘された花とシフォンケーキ』椹野 道流
節分。恵方巻きを振る舞う「ばんめし屋」を、作家の淡海が訪れた。淡海は店員の海里に、彼を小説のモデルだと発表したことを謝る。そして罪滅ぼしのように、彼に小さなステージへのオーディションを提案し……。
https://www.kadokawa.co.jp/product/321903000784/
  ★シリーズに掲載された中で、椹野さんお薦めのレシピは>>『最後の晩ごはん かけだし俳優とピザトースト』刊行記念 椹野道流インタビュー
画像
『地獄くらやみ花もなき 参 蛇喰らう宿』路生 よる
〈地獄代行業〉の皓と助手の青児は、〈人喰い宿〉と噂される奥飛騨の旅館を訪ねる。宿の関係者が殺害された過去の事件を調べる二人を待ち受けていたのは、女将の亡骸と〈死を招く蛇〉だった……。
https://www.kadokawa.co.jp/product/321808000318/
  ★第1巻試し読み>>【キャラクター小説大賞受賞作試し読み】路生よる『地獄くらやみ花もなき』
  ★事件・謎・推理を考える上で、路生さんが意識しているポイントとは>>『地獄くらやみ花もなき』刊行記念 路生よるインタビュー