男子校に通っていた原と、女子校に通っていた三浦。
学校生活が人格形成に及ぼした影響やら、通学沿線の風景やら、
穏やかな調子で始まった、ほぼ初めての対談。
なのに、やおら原の鉄道愛が炸裂、早くも三浦がおののく展開に!
『皇室、小説、ふらふら鉄道のこと。』第1章を特別公開!
画像
――2016 年 6 月 24 日。
政治学者にして鉄学者である原武史と、
作家・三浦しをんは、対談をすることにした。
朝日新聞の書評委員やトークイベントで面識はあったが、まとまった対談は初めてである。
折しもこの前日、英国は国民投票でEUからの離脱を選択した。
原は、ニュースから受けた衝撃を隠しつつ、三浦作品に見る電車と、三浦が通った学校のある横浜市の風景について、口火を切った。
 三浦さんは小説の中で、ご自身が通われた横浜の中学、高校をモデルとした女子校を描かれていますね。横浜の山手地区には、ミッション系の私立校が集まって独特の文化を形成しています。日本ではそういった場所は神戸や横浜など、非常に限られていますね。

三浦 確かに横浜の山手の丘には、ミッション系の学校がたくさんあります。
 例えばJR中央線沿線の国立くにたちは学園都市ですが、中心となるのは一橋大学です。僕自身、東急東横線の日吉にある慶應義塾系列の中高の出身ですが、同じ横浜といっても、山手とは違って横浜らしさがありません。

三浦 海は見えないですよね。
 まったく見えません。東急の事実上の創業者である五島ごとう慶太けいたが、慶應義塾に日吉駅東口の土地を寄付したから予科が三田から移転してきたので、横浜にある必然性もない。それに比べ、三浦さんが女子校を描いた長編小説『秘密の花園』(新潮文庫)『ののはな通信』(KADOKAWA)からは、自然と港や坂が目に浮かびます。ミッション系の女子校に六年通われたことは、ご自身の人間形成にどういう影響を与えたとお考えですか?

三浦 宗教ってなんなんだろう、と考えるようになりましたね。それと、あまり男性に期待しなくなりました。女だけの世界でも、ことはうまく回っていくと知ったので。重いものも力を合わせりゃ女にだって持てるし、何かを決めるときは話しあえばいいし、現在の社会でいわゆる「男性性」は特に必要ではないんじゃないかなと。恋のときめきはあるでしょうが、それだって相手が異性と限ったものではありませんから、性別はあまり関係ないと思うようになりました。男だから、女だからという区分け自体、私にはあまりピンとこないな、と。
画像
 町田市に住んでいた三浦さんと、町田市に隣接する横浜市青葉区に住んでいた僕の生活圏は、意外なほど近く、重なり合う風景があることが小説を読んでいてもわかります。例えば『ののはな通信』に登場する二人の女子高生の住まいが南武線沿線と東横線沿線となっており、暮らしぶりの違いがうまく描き分けられている。今でこそみなとみらい線が元町・中華街まで開通していますけど、横浜の山手の丘はもともと国鉄、現在のJR根岸線でしか通えませんでしたよね。慶應のある日吉は東急が開発した街で、通学している生徒も東急沿線在住者が多く、南武線や横浜線は下に見られていました。

三浦 私の通っていた学校では、横浜市在住というのが、一番きらめいていました。私の住む町田市なんて、彼女たちにとっては辺境ですよ。横浜線は、横浜線という名前なのに、八王子駅と東神奈川駅の間を走っていて、横浜駅は通っていない。東神奈川から先は、京浜東北線と根岸線になります。だから横浜線は、「ああ、いつも窓硝子が汚れてる電車ね」程度の認識でしたね。ま、実際、「どこの砂漠地帯を通ってるんだ」というぐらい、砂埃で窓が曇り硝子みたいになってる電車だったんですけど(笑)
 僕は中学の途中まで、東京都東久留米市の滝山団地から日吉へ通っていましたが、同級生からすれば、2 時間近くかかる西武線沿線の東久留米なんて、番外地みたいなところです。

三浦 横浜に住んでる中高生にとっては、「えっ、東久留米って、九州?」って感じでしょうからね。ふざけるな! さすがに九州から通学はできんじゃろう! という……。

書籍

『皇室、小説、ふらふら鉄道のこと。』

原 武史 三浦 しをん

定価 1620円(本体1500円+税)

発売日:2019年02月27日

ネット書店で購入する

    書籍

    「本の旅人2019年3月号」

    角川書店編集部

    定価 100円(本体93円+税)

    発売日:2019年02月27日

    ネット書店で購入する