この「キャラホラ通信」では、角川文庫キャラクター文芸&角川ホラー文庫の新刊を毎月ご紹介していきます。今月は「わが家は祇園の拝み屋さん」シリーズ待望の新作に、日本ホラー小説大賞優秀賞を受賞した『奇奇奇譚編集部 ホラー作家はおばけが怖い』と、注目作が目白押し! 来月10月のラインナップもご紹介します!
画像

◆9月新刊案内

【角川文庫キャラクター文芸】

画像
『わが家は祇園の拝み屋さん6 花の知らせと小鈴の落雁』望月 麻衣
二度目の春、京都では不穏な事件が続発するようになり、澪人は小春や朔也たちと対策チームを結成する。そんな中、小春は前世の切ない後悔を知り、涙していた。そこに澪人の兄・和人が急接近してきて――!?
http://www.kadokawa.co.jp/product/321611000190/
画像
『季節はうつる、メリーゴーランドのように』岡崎 琢磨
男女だけど「親友」の夏樹と冬子。日常の謎解きという共通の趣味で二人は誰よりもわかり合えていた。しかし夏樹は冬子に片想いしていて……。驚愕のエンディングに、あなたはきっと、目を瞠る。
http://www.kadokawa.co.jp/product/321703000743/
画像