この「キャラホラ通信」では、角川文庫キャラクター文芸&角川ホラー文庫の新刊を毎月ご紹介していきます。今月は桑原水菜さんの人気シリーズ「遺跡発掘師は笑わない」の第9弾「縄文のニケ」、心潤すあたたかな再生の物語、あさばみゆきさんの『ただいま、ふたりの宝石箱』など、豪華ラインナップをお届けします。
画像

◆1月新刊案内
【角川文庫キャラクター文芸】

画像
『ただいま、ふたりの宝石箱』あさば みゆき

会社を辞めて古民家に住み始めた涼子が店子に迎えることにしたのは、憧れの職業・宝飾職人の「希美」さん。楽しみにしていた涼子だが、やってきたのは男性で――? 心を潤す、あたたかな再生の物語。
https://www.kadokawa.co.jp/product/321806000294/
画像
『文豪ストレイドッグス外伝 綾辻行人VS.京極夏彦』朝霧 カフカ

殺人探偵の異名をとる綾辻行人は、その危険な異能のために異能特務課新人エージェント・辻村深月の監視を受ける身だ。綾辻はある殺人事件の謎解きを依頼されるが、裏では宿敵・京極夏彦が糸を引いていて…!?
https://www.kadokawa.co.jp/product/321801000145/
   ・こちらもcheck→辻村深月『きのうの影踏み』の冒頭を『文豪ストレイドッグス』の朝霧カフカ&春河35がコミカライズ!
画像
『宮廷神官物語 五』榎田 ユウリ

もう一人の慧眼児との勝負に負け、ニセモノとして王都を離れることになった天青。男装の姫君・櫻嵐とともに、旅芸人の一座に紛れ、天青は慧眼を使いこなす修行の旅へ出るが……。
https://www.kadokawa.co.jp/product/321806000283/
   ・こちらもcheck→『宮廷神官物語 一』刊行記念 榎田ユウリ インタビュー