作家生活三十年にして八十作目の最新作『ラプラスの魔女』がついに刊行!
これまでの東野作品のすべてが詰まった新作について、本読みのプロである三人に、おおいに語り合っていただきました。

<こちらの記事は「本の旅人」2015年6月号より再録したものです>
画像

これまでにない壮大な世界観

——『ラプラスの魔女』をお読みになった感想からお聞かせ下さい。
狩野 大樹(小田急ブックメイツ相模大野店):厚さのわりにさっくり読めましたね。読み始めてすぐにこれからどうなるんだろう、と続きが気になって途中でやめられなかったんですよ。結局、最後までどういう結末になるのかぜんぜん予想できませんでした。
 
高橋 美里(オリオン書房所沢店):いままでの東野さんの作品とぜんぜん違うような気がしましたね。ミステリ要素は入ってるけど、「ガリレオ」シリーズのような「全力でミステリ」というわけではないし、ご自身がほかの作品で試みられていたSF的な部分もあるし。より大きな世界観があって、すごくワクワクしました。
 
宇田川 拓也(ときわ書房本店) 内容紹介に「円華という若い女性のボディガードを依頼された元警官の武尾は、行動を共にするにつれ彼女には不思議な《力》が備わっているのではと、疑いはじめる。」とあったので、僕は最初、ボディガードものだと思ったんですよ。東野さんがボディガードものを書いたのか、と。
高橋:やばい。泣いてしまう。東野さんのボディガードものなんて(笑)。

宇田川:ボディガードものって、海外作品なんかで一つのジャンルとしてあることはありますよね。だから東野さんが今回挑戦したのはボディガードものなのかと思っちゃったんですよ。でも、『ラプラスの魔女』を読んでいくと、どうやらボディガードものというわけでもなさそうだ。護衛する女の子が特殊な能力を持っているんだけど、じゃあ、特殊能力を持った女の子を脅威から守るお話かというとそういうわけでもなく。登場人物がたくさんいて、ページをめくるたびに新たなストーリーが現れてくる感じなんですよね。群像劇というか、登場人物たちの物語が同時並行で進んでいく。だから、どこでどうその物語がつながっていくのかがなかなかわからなくて、先が読めない。最後まで読むと、ちゃんと決着はつくんですけど、このままで終わるような気がしない。絶対、この先に何かあるだろうなって思ってしまう。ものすごく壮大な、スケールの大きな物語の一部なんじゃないかとすら思ってしまった。長い長い物語のエピソード1を読んだ感じです。

高橋:たしかに今回、ほかの作品に比べて登場人物がすごく多い気がしていたので、いま宇田川さんが言った「群像劇」という表現は、ピンときますね。しかも今回、登場人物それぞれの視点から描かれる「多視点」じゃないですか。誰の視点を切り取っても、面白いスピンオフ、二作目ができそう。たとえば警察サイドの話とか。

宇田川:「小説野性時代」にスピンオフが載るんですよね? それもすごく楽しみです。それと、『ラプラスの魔女』の刊行に際して東野さんがコメントを寄せていて、「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった。そしたらこんな作品ができました。」というものだったので、何を壊そうとしているのか、どこを壊そうとしているのかと、うがった読み方をしてしまったんです。でも、読んでいる途中で、もしかしたら、東野さんのこれまでの小説とは比べものにならないくらいどでかい青写真があって、この作品の世界がすべて完成したら、ほかの作品が霞んじゃうっていう意味なのかなと思ったんですよ。

狩野:登場人物が多いだけではなく、一人ひとりに存在感がありますよね。それぞれに焦点をきちっと合わせているので、どの人も主人公になり得るなと思いました。主人公は「不思議な《力》」を持っている円華だと思うんですが、彼女がどういう人物なのかということも、登場人物それぞれの視点によってまるで変わってくる。いろいろな読み方ができますよね。彼女の能力はSFというか、現実にはない設定なんですが、物理学の観点から説明されていて、現実として受け入れられる。SFやファンタジーが苦手な人でも小説の世界に入り込みやすいと思いますね。

宇田川:リアルなところはリアルとしてものすごくきっちりつくって、そこに一滴、SF的な要素をぽたっと落としたときにどういう世界が展開するか。こういう発想で書かれたものは東野さんの過去の作品にはなかったと思いますね。「ガリレオ」や「加賀恭一郎」のようなシリーズものは別として、ここまで壮大な世界観を持ったものはないんじゃないですか。円華の能力も『ラプラスの魔女』にとどまらない可能性があると思うんですよ。国家規模の話になるし、研究は日本国内だけとは限らない。だったら、ラプラスの「魔女」だけじゃなくて、「魔王」がアメリカにいるかもしれない(笑)。

高橋:物語が終わっても行方がわからない登場人物もいるしね。そう考えると、『ラプラスの魔女』はこれから続く物語の入り口なのかもしれないですね。

果敢に挑戦してきたエンターテイナー

——冒頭で高橋さんが「いままでの東野さんの作品とぜんぜん違う」とおっしゃっていましたが、これまでの東野作品と比較してどうですか。

狩野:東野作品には、感動できるもの、どんでん返しで驚かされるものなどいろいろありますけど、『ラプラスの魔女』はその中心に位置づけられる作品だと思いますね。さまざまな要素が入っていて、ここからまた新しい何かが生まれてきそうな気がします。

高橋:私、最初に読んだのが講談社ノベルスの『十字屋敷のピエロ』だったので、最初は本格ミステリ作家というイメージだったんですけど、その後の作品では人間の内面をえぐるような描写や、悪意を描いて真に迫っていて、人間を描けるミステリ作家なんだと思うようになっていきました。最近ではミステリ的な要素よりも人間を描くほうに重点が置かれた作品がだんだん多くなってきたのかなと思っていて、それも嬉しいんだけど、もっとミステリも読みたいなとか、読者の要求の幅がどんどん広がってくる。そんな希有な作家さんだなと思います。

宇田川:僕は東野さんって、エンターテイナーとして「俺、これだけじゃないぜ」って、ずーっとやってこられた作家だと思うんですよ。デビュー作は『放課後』。青春ミステリですよね。その後は本格ミステリ寄りの作品もあるし、『変身』や『秘密』のようにSFやファンタジーに挑戦したり。『さまよう刃』のような倫理観を問う作品や、今度映画化される『天空の蜂』のように原発テロを題材にした社会派的な作品もある。かなり果敢にチャレンジされている作家さんだと思います。今回の『ラプラスの魔女』では、とくにいままでエンタメ方面で培ってきた手腕を全力で発揮していて、伏線の張り方とか、展開の意外性とかが本当に見事。しかもそのさじ加減が絶妙で、大げさに見せることをしないんですよね。並の作家なら大仕掛けだと強調しそうなことでも、まるでテーブル・マジックでもやるかのようにさらっと見せてしまう。本当にすごいな、と思いますね。

登場人物それぞれの物語

書籍

『ラプラスの魔女』

東野 圭吾

定価 821円(本体760円+税)

発売日:2018年02月24日

ネット書店で購入する

    書籍

    「本の旅人」2015年6月号

    角川書店編集部

    定価 100円(本体93円+税)

    発売日:2015年05月27日

    ネット書店で購入する

      書籍

      『魔力の胎動』

      東野 圭吾

      定価 1620円(本体1500円+税)

      発売日:2018年03月23日

      ネット書店で購入する