画像
【「極上の一章」とは?】
「この一章を読んでもらえれば、買わせる自信あり!」という一章を担当編集者がセレクト。その作品への熱い思いも込めてお薦めさせて頂きます。まずはこの「一章」から、ご一読下さい。
画像

【担当編集からひとこと】

トトのことになると、角田さんは極端に心配性になって、オロオロしてばかりいる。でも愛するものができるって、そういうことだよなぁ。一匹の猫との出逢いで、世界はこんなにもガラリと様相を変える、その瑞々しさ。うちに来てくれてありがとう――ただひたすら愛と感謝に貫かれたその気持ちに、読んだ誰もが心うたれること間違いなし! かわいい写真にもとろけてください。

猫がきた理由

 我が家の猫であるトトが、漫画家の西原理恵子さんの家からやってきたことは、すでに書いた。まったくの初対面である飲みの場で、猫をあげようか? と突然西原さんが言ったのである。私は「ほしいです」と即答し、帰ってから家の人に猫を飼ってもかまわないかと訊いた。子どものころからずっと猫を飼っていた家の人は、私以上によろこんだ。
 その一件から一年半後、西原さんのおうちの猫は子どもを産み、そうして本当に猫が我が家にやってきたわけである。
 猫はどこからやってきたのかとよく訊かれるので、そのように答えているのだが、たまに、「どうして西原さんは初対面なのに、猫をあげようかなどと言ったのだろう?」と疑問を口にする人がいる。
 たしかに、言われてみればそうなのだ。
 二十年来の一ファンとして、西原理恵子さんという人は、描かれる漫画のとおりなんだか突拍子もない人なのだろうと思いこんでいる。突拍子もない人だから、初対面の人にも猫をあげましょうかという突拍子もない提案をしてくれたのだろうと、はじめてお目に掛かったときに私はすんなり納得してしまった。でも、本当にそうなんだろうか。
 よくよく考えれば、猫をあげる、ってすごいことだ。はじめて会った私という人間を、西原さんはまったく知らないはずだ。だからもしかしたら、愛想よくしていても裏ではものすごく残忍な人間で、猫をいじめる可能性だってある。飼い主失格な暮らしぶりをしているかもしれない。はたまた愛情が強すぎて、猫が食べてはいけないものを延々あげ続けるようなことをするかもしれない。
 そういうことを避けるために、今の猫の里親制度はとても厳しくなっていると聞いたことがある。譲り手と面談がある、家庭訪問がある、誓約書が必要、等々。はたまた、先住猫や先住犬がいると失格だったり、同居家族がいないと失格(飼い主がもしものときに面倒をみられない、という理由)だったり、今はそうでなくとも、将来的にペット不可の集合住宅に引っ越さねばならない可能性がある場合もだめだったりする。そんな話も聞いたことがある。
 もちろん私は、自分が動物をないがしろにするような人間ではないことは重々承知だが、それでも、やっぱり猫がくるまでは不安だった。ちゃんと世話ができるか。猫に嫌われないか。飼ってから、猫が苦手だと気づいたりしないか。自分でも不安だったのだから、知らない人間に猫をあげる西原さんは、もっともっと不安だったろう。

書籍

『今日も一日きみを見てた』

角田光代

定価 562円(本体520円+税)

発売日:2017年6月17日

ネット書店で購入する