「きみの声をとどけたい」キャラクターデザインの青木俊直氏より『あとは野となれ大和撫子』の応援イラストが到着!

第157回直木賞の候補となり話題沸騰した本作がイラストで登場!

画像
発売中の第157回直木賞候補作、宮内悠介著『あとは野となれ大和撫子』の世界観がイラストになりました。描いてくださったのは、映画「きみの声をとどけたい」などのキャラクターデザインで著名なイラストレーター青木俊直氏です。突然国家運営を任されてしまった乙女たちが今にも動き出しそうな、エネルギッシュな1枚になっています! そして、作品へコメントも寄せてくださいました!

青木俊直氏からのコメント

「中央アジアに花咲くしなやかな乙女たちの冒険活劇! 世間は厳しく世間は優しい。さぁ走ろう!歌おう!踊ろう! そして僕は描こう!描いた!」

「今、ここ」で頑張るすべての人に贈るとびっきりの冒険エンタテインメント、宮内悠介著『あとは野となれ大和撫子』にぜひご注目ください!
画像

■あらすじ

中央アジアのアラルスタン。ソビエト時代の末期に建てられた沙漠の小国だ。この国では、初代大統領が側室を囲っていた後宮(ハレム)を将来有望な女性たちの高等教育の場に変え、様々な理由で居場所を無くした乙女たちが、政治家や外交官を目指して日夜勉学に励んでいた。日本人女子ナツキは両親を紛争で失い、ここに身を寄せる者の一人。後宮の若い衆のリーダーであるアイシャ、姉と慕う面倒見の良いジャミラとともに気楽な日々を送っていたが、現大統領が暗殺され、事態は一変する。国の危機にもかかわらず中枢を担っていた男たちは逃亡し、残されたのは後宮の乙女のみ。彼女たちはこの国を――自分たちの居場所を守るため、自ら臨時政府を立ち上げ、「国家をやってみる」べく奮闘するが……!?
内紛、外交、宗教対立、テロに陰謀、環境破壊と問題は山積み。
それでも、つらい今日を笑い飛ばして、明日へ進み続ける彼女たちが最後に摑み取るものとは――?

■書誌情報

作品名:『あとは野となれ大和撫子』
著:宮内悠介
定価:本体1,600円+税
発売日:2017年4月21日
体裁:四六判並製
頁数:384頁
発行:株式会社KADOKAWA
http://www.kadokawa.co.jp/product/321504000109/
※電子書籍も発売中

■著者プロフィール

撮影:ホンゴユウジ

撮影:ホンゴユウジ

宮内悠介(みやうち・ゆうすけ)
1979年東京生まれ。早稲田大学第一文学部英文科卒業。2010年「盤上の夜」で第1回創元SF短編賞山田正紀賞を受賞してデビュー。12年、同名の作品集で第33回日本SF大賞を受賞。直木賞にノミネートされる。続く第2作品集『ヨハネスブルグの天使たち』も直木賞候補になり、14年には同作品で第34回日本SF大賞特別賞を受賞した。16年『カブールの園』が芥川賞にノミネート、17年には同作品で第30回三島由紀夫賞を受賞。同年『彼女がエスパーだったころ』で第38回吉川英治文学新人賞を受賞。今、最も期待が集まる若手作家である。他著に『エクソダス症候群』『アメリカ最後の実験』『スペース金融道』『月と太陽の盤 碁盤師・吉井利仙の事件簿』。13年、第6回(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞受賞。