画像
伊坂幸太郎さんの人気シリーズ<殺し屋シリーズ>最新作、『AX』が発売となりました。
『グラスホッパー』(2004年刊行)『マリアビートル』(2010年刊行)以来、7年ぶりのシリーズ作となる本作の刊行を記念して、カドブンでは「7人のカドブンレビュアーによる7日間連続レビュー」企画を本日よりスタートします(「カドブンレビュアー」とは文芸情報サイト「カドブン」にて定期的にオリジナルレビューを発表されているレビュアーの方々です)。

【カドブンレビュアーのメンバーはこちら】

https://kadobun.jp/reviewers

また、このカドブンレビュアーに新たにDeNA Games Tokyoの代表取締役社長・井口徹也さんが参加されることになりました。

【井口氏プロフィール】

画像
井口 徹也
株式会社 DeNA Games Tokyo 代表取締役社長

2013年、株式会社ディー・エヌ・エー入社。ブラウザゲームの運用プランナーを経て、2014年よりプロデューサーに就任。その後、アプリタイトルのプロデューサー、企画マネージャーなどを歴任。2017年、株式会社DeNA Games Tokyoの代表取締役社長に就任。

HP http://denagames-tokyo.jp/


井口さんにはこの『AX』レビュー企画からご参加頂きます。
7人のカドブンレビュアーは『AX』という作品をどのように読み解いたのか?
“7色”のレビューをお楽しみください。
(『AX』カドブンレビューは8月2日より、土日を除く毎日正午に配信していく予定です)

【『AX』詳細】

<内容>

「兜」は超一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない。一人息子の克巳もあきれるほどだ。兜がこの仕事を辞めたい、と考えはじめたのは、克巳が生まれた頃だった。引退に必要な金を稼ぐため、仕方なく仕事を続けていたある日、爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受ける。こんな物騒な仕事をしていることは、家族はもちろん、知らない。
「AX」「BEE」「Crayon」に書き下ろし「EXIT」「FINE」を加えた、シリーズ初の連作集。

<書誌情報>

『AX』(アックス)
著者:伊坂幸太郎
発売日:2017年7月28日 ※電子書籍は8月10日発売予定
定価:本体1,500円+税
頁数:312頁
体裁:四六判上製

<<書籍詳細はこちら

http://www.kadokawa.co.jp/product/321704000340/

<<特設サイト

http://promo.kadokawa.co.jp/ax/

【試し読み】伊坂幸太郎『AX』"

関連記事

【試し読み】伊坂幸太郎『AX』

本年度最大の注目作『AX』の試し読みを公開中! この機会に『AX』の世界観をぜひお楽しみくだ…

伊坂幸太郎最新刊『AX』刊行記念インタビュー"

関連記事

伊坂幸太郎最新刊『AX』刊行記念インタビュー

──『AX』は累計二二〇万部突破の〈殺し屋シリーズ〉、およそ七年ぶりとなる新作です。主人公…

【7日連続!『AX』カドブンレビュー①】池内万作「ラストで号泣しました」"

関連記事

【7日連続!『AX』カドブンレビュー①】池内万作「ラストで号泣しました」

レビュアー:池内 万作

「カドブン」を訪れて下さっている皆様、こんにちは。池内万作です。カドブン編集部から「伊坂…

【7日連続!『AX』カドブンレビュー②】森隆志「突然、涙があふれて止まらなくなった」"

関連記事

【7日連続!『AX』カドブンレビュー②】森隆志「突然、涙があふれて止まらなくなった」

レビュアー:森 隆志

突然、涙があふれて止まらなくなった。そして思った。「2011年の震災がなければこの作品は全然…

【7日連続!『AX』カドブンレビュー③】鶴岡エイジ「そうそう、うちもそうだよ!分かるよ兜!」"

関連記事

【7日連続!『AX』カドブンレビュー③】鶴岡エイジ「そうそう、うちもそうだよ!分かるよ兜!」

レビュアー:鶴岡 エイジ

「そうそう、うちもそうだよ! 分かるよ、兜!」「あっ、だめだ兜! カモフラージュされてる…

【7日連続!『AX』カドブンレビュー④】三友梨紗子「想像以上の展開が待ち受けている」"

関連記事

【7日連続!『AX』カドブンレビュー④】三友梨紗子「想像以上の展開が待ち受けている」

レビュアー:三友 梨紗子

表の世界と裏の世界を同時に楽しめるとしたら――。全五篇の連作集。最強のエンタメ小説。殺し屋…

【7日連続!『AX』カドブンレビュー⑤】片丘フミ「兜の奮闘ぶりが胸に迫る」"

関連記事

【7日連続!『AX』カドブンレビュー⑤】片丘フミ「兜の奮闘ぶりが胸に迫る」

レビュアー:片丘 フミ

「蟷螂(とうろう)の斧」…力のない者が、自分の実力もかえりみずに強い者に立ち向かう…

【7日連続!『AX』カドブンレビュー⑥】伊奈利「優しい『殺し屋』小説だ」"

関連記事

【7日連続!『AX』カドブンレビュー⑥】伊奈利「優しい『殺し屋』小説だ」

レビュアー:伊奈利

藤沢金剛町駅そばのスクランブル交差点で、寺原長男の背中を槿(アサガオ)が“押した&rdq…

【7日連続!『AX』カドブンレビュー⑦】井口徹也「ここまで人間味溢れる殺し屋がいただろうか」"

関連記事

【7日連続!『AX』カドブンレビュー⑦】井口徹也「ここまで人間味溢れる殺し屋がいただろうか」

レビュアー:井口 徹也

恐妻の顔色を常に気にする、気弱な父親の裏の顔は「殺し屋」だった。「兜」は暗殺のプロだ。冷…