梶よう子、伊岡瞬、若松英輔による新連載の他、伊東潤、柚月裕子、武川佑の読切、清水潔のノンフィクション作品を掲載。表紙とグラビアは『映画 少年たち』よりジェシー&京本大我。「小説 野性時代」4月号発売!

画像

◆ニュース

①【新連載】浮世絵の祖・菱川師宣はなにを思い、絵筆を執ったのか――。

○梶よう子「吾妻おもかげ」

江戸に出て十年、吉兵衛はかつての志を失い、吉原に入り浸る日々を送っていた――。
イラスト:原田維夫

イラスト:原田維夫

※文芸情報サイト「カドブン」では本作の試し読みも公開中!

https://kadobun.jp/readings/673/2d035011

②【新連載】大ヒット作『代償』の横溝賞作家、待望の本誌初連載!

○伊岡瞬「仮面」

パン屋を営む夫と愛のない結婚をした莉菜子は、不倫関係にのめり込んでいたが……。
イラスト:伊藤彰剛

イラスト:伊藤彰剛

※文芸情報サイト「カドブン」では本作の試し読みも公開中!

https://kadobun.jp/readings/674/e7a5a574

③【新連載】気鋭の哲学者が若者へ贈る、困難な時代を生き抜くための大切な言葉たち。

○若松英輔「読み終わらない本」

私たちはなぜ、本を読むのだろう? テレビやインターネットでは代用できないなにかがあるのだろうか?

④【読切】調査報道の第一人者があの戦争のはじまりを解き明かす、待望の新作ノンフィクション!

○清水潔「日本はなぜ焦土と化したのか」

なぜあの時、アメリカは東京を無差別爆撃したのか。その導火線を辿ると……。

⑤【読切】デビュー長編『虎の牙』が話題沸騰の新鋭、本誌初登場!

○武川佑「戦形見」

関ヶ原へ向かう徳川秀忠の上田城攻めに参加した寺田与左衛門は、譜代の名門、土井家の御曹司と出会う――。

⑥【読切】「佐方貞人」シリーズ新作、完結篇!

○柚月裕子「信義を守る 後篇」

佐方が母親殺しの容疑者に覚えた違和感は確信に変わる。事件の背後に潜む真実とは――。

◆おすすめ連載

○真山仁「トリガー」(最終回)

国家規模の陰謀の真相を知った藤田が最後に下した決断とは――。著者初のスパイ小説、堂々の完結!

○本多孝好「dele3」(最終回)

もう一人の親友が明かした、人気者・蕗田唯のもう一つの顔とは――。大好評のシーズン3、いよいよフィナーレ!

○白石一文「松雪先生は空を飛んだ」(第2回)

初めて会ったその日から柴崎悦郎に惹かれた綾音は、妻帯者の彼との逢瀬を重ねてしまう――。

「小説 野性時代」4月号、絶賛発売中!

https://www.kadokawa.co.jp/product/321801000118/