画像
映画「未来のミライ」(スタジオ地図作品)公開を記念して、細田守監督と主演の上白石萌歌さんによるトークショー&読み聞かせイベントを7月22日(日)に有隣堂横浜駅西口ジョイナス店にて開催いたします。

【映画「未来のミライ」公開記念 細田守監督&上白石萌歌さんトークショー&読み聞かせイベント概要】

●日時:2018年7月22日(日)13:00~(予定)
●会場:有隣堂横浜駅西口ジョイナス店 特設会場
●イベント概要::細田守監督と主演の上白石萌歌さんによるトークイベント。また、映画「未来のミライ」に登場する劇中絵本『オニババ対ヒゲ』と、上白石さんがおススメする絵本の読み聞かせも行います。本イベントは40分ほどを予定しています。
●対象:小学生以下のお子様1名につき、保護者1名のペア
●定員:25組様(抽選)
●参加条件:下記の「未来のミライ」関連商品の1点以上のご購入。
 【書籍】『アニメ絵本 未来のミライ』・『オニババ対ヒゲ』・『ミライちゃん、好きくないの』・『未来のミライ』(角川文庫)・『未来のミライ』(角川つばさ文庫)・『未来のミライ』(スニーカー文庫)・『未来のミライ オフィシャルガイド くんちゃんアルバム』
 【グッズ】『木軸ボールペン 未来のミライ』・『メモ 未来のミライ』・『クリアしおり1 未来のミライ』・『クリアしおり2 未来のミライ』・『A4・A5クリアフォルダセット 未来のミライ』・『チェンジングクリアファイル 未来のミライ』・『じゆうちょう 未来のミライ』

●詳細は下記URLをご確認ください。
http://www.yurindo.co.jp/store/yokohama-comic/
お問い合わせ先:有隣堂横浜駅西口ジョイナス店 TEL045-311-6265

【プロフィール紹介】

細田守(ほそだ・まもる)

1967年富山県生まれ。91年東映動画(現・東映アニメーション)入社。アニメーターおよび演出として活躍後、フリーに。『時をかける少女』(06年)、『サマーウォーズ』(09年)を監督し、国内外で注目を集める。11年には自身のアニメーション映画制作会社「スタジオ地図」を設立。監督・脚本・原作を務めた『おおかみこどもの雨と雪』(12年)、『バケモノの子』(15年)はともに大ヒットとなった。2018年7月20日に最新作『未来のミライ』が公開、本作は第71回カンヌ国際映画祭・監督週間に選出された。

上白石萌歌(かみしらいし・もか)

2000年鹿児島生まれ。2011年第7回「東宝シンデレラ」オーディションにて44,120人の中から当時史上最年少(10歳)でグランプリに選ばれ2012年テレビドラマ「分身」で女優デビュー。以降多くの話題作に出演し、今作「未来のミライ」が映画初主演。映画・ドラマ・舞台・CMと今後の活躍に大注目。

【映画『未来のミライ』詳細情報】

2018年7月20日(金)全国ロードショー
監督・脚本・原作/細田守
キャスト/上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子、吉原光夫、宮崎美子、
役所広司 / 福山雅治
音楽/高木正勝
オープニングテーマ・エンディングテーマ/山下達郎
作画監督/青山浩行、秦綾子
美術監督/大森崇、髙松洋平
プロデューサー/齋藤優一郎
企画・制作/スタジオ地図

【物語】

小さな庭から時をこえる旅へ―それは過去から未来へつながる、家族と命の物語。
とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)に生まれたばかりの妹がやってきます。両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うばかり。そんな時、くんちゃんがその庭で自分のことを“お兄ちゃん”と呼ぶ、“未来からやってきた妹”、ミライちゃんと出会います。
ミライちゃんに導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つくんちゃん。それは小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。
待ち受ける見たことない世界。そして、初めて知る様々な「家族の愛」の形。
様々な時間を経て、ささやかな成長を遂げていく、くんちゃん。
果たして、くんちゃんが最後にたどり着いた場所とは? ミライちゃんがやってきた本当の理由とは――

■映画公式サイトURL
http://mirai-no-mirai.jp/

■映画『未来のミライ』公式Twitter
https://twitter.com/mirai_movie

■スタジオ地図公式Instagram
https://www.instagram.com/studio_chizu/

■細田守監督作品ポスター復刻版ポストカードセット付き前売り券 発売中
http://theater.toho.co.jp/toho_theaterlist/mirai-no-mirai.html

■「未来のミライ」書籍特設サイト
https://promo.kadokawa.co.jp/mirai-no-mirai/