シリーズ累計60万部突破「最後の晩ごはん」シリーズ最新作、本日発売!

画像
『最後の晩ごはん 忘れた夢とマカロニサラダ』

だめだ、泣ける。そして心が満たされる、切なくて美味しいお料理青春物語。

兵庫県芦屋市。
雨の夜、定食屋「ばんめし屋」を訪れた珍客は、青年の幽霊・塚本だった。
元俳優で店員の海里は、店長の夏神たちと事情を聞くことに。
なぜか今までのどの幽霊よりも意思疎通できるものの、
塚本は「この世に未練などない」と言い切る。
けれど成仏できなければ、悪霊になってしまいかねない。
困惑する海里たちだが、彼ら自身にも、
過去と向き合う瞬間が訪れて……。

優しい涙がとまらない、お料理青春小説第8弾!