塩田武士『騙し絵の牙』2018年本屋大賞ノミネート発表のお知らせ。

2017年に刊行の、俳優・大泉洋を「あてがき」した塩田武士著『騙し絵の牙』が「2018年本屋大賞」にノミネートされました。

大泉洋を主人公にした「完全あてがき」の“主演小説”『騙し絵の牙』が2018年本屋大賞ノミネート決定! 文芸の枠組みを超えた異色作が、<2018年の10作>に選出!

画像

●著者:塩田武士コメント●

本屋大賞のノミネート、本当に光栄で嬉しいです!ありがとうございます!! 「『騙し絵の牙』の著者は大泉洋さんでしょ」と勘違いされている方が続出していると聞きます……。もうどちらでも良いので、皆さん是非読んでください!

●写真(モデル):大泉洋コメント●

そもそものきっかけは、「映像化された際に僕が主演できるような小説はない?」と長年尋ねられ続けた編集者がおそらく面倒になって(笑)、「もう私がつくります!」と、塩田さんへ執筆依頼に伺ったことから始まった企画でした。「語り口」やモノマネ(笑)など、塩田さんが私を大研究してくださった上で「あてがき」し生まれた主人公が、社会派の重厚な物語のなかで動き回るという、大変「新しい試み」の小説となりましたが、その作品がなんと栄えある本屋大賞ノミネート作に選んでいただけたとのこと、本当に嬉しいです! 本を開けば演じる大泉洋が頭の中に浮かぶという“主演小説”を「2018年の10作」に選んでいただき、ありがとうございます!

筒井康隆氏も「巧い。面白い。こういうどんでん返しがあるとは、騙された。」と絶賛!

発売と同時に映像化の問い合わせも多数! 本屋大賞史上&文芸では例を見ない“異端作”に、全エンタメ業界が注目! <最後は“大泉洋”に騙される!>
企画発案当初から映像化も視野に入れてスタートした本書は、著者と出版社に加え芸能事務所、そして主演となる大泉洋との4者による綿密な打ち合わせと試行錯誤を重ねて誕生した、異色の文芸作品。社会派作家・塩田武士の4年間にわたる丁寧な取材と、俳優・大泉洋に関する綿密な分析、本人とのディスカッショを経て初めて実現できた完全「あてがき」を通し、読み手は主人公に扮した大泉洋が頭のなかで自ずと動き出すという、かつてない感覚を体験できる。

前作『罪の声』(講談社刊)に続き2年連続ノミネートの快挙!

本書は塩田武士作品として記念すべき10作品目にあたり、昭和の未解決事件「グリコ森永事件」を題材として昨年本屋大賞2017において第3位となった前作『罪の声』に続き2年連続のノミネートとなる。
画像
画像
あらすじ●大手出版社で雑誌編集長を務める速水輝也。ウィットに富んだ語り口で人を虜にする魅力的な男だ。ある夜、上司から廃刊を匂わされたことをきっかけに、速水は組織に翻弄されていく。すると次第に彼の異常なほどの“執念”が浮かび上がってきて……。圧倒的リアリティ筆致で出版界の<光と闇>を描いた社会派長編。

<書籍情報>

タイトル :騙し絵の牙
著者:塩田武士
写真(モデル):大泉洋
定価:本体1,600円+税
仕様:四六判/384ページ
ISBN:978-4-04-068904-3
発行:KADOKAWA

本屋大賞公式サイト
https://www.hontai.or.jp/

『騙し絵の牙』書誌紹介ページ
https://www.kadokawa.co.jp/product/321603000168/

小説と出版の新たな可能性を提示する意欲作 『騙し絵の牙』"

関連記事

小説と出版の新たな可能性を提示する意欲作 『騙し絵の牙』

レビュアー:瀧井 朝世

出版不況だの読書離れだのが取り沙汰されるようになって久しい昨今。特に文芸部署は苦しい立場…

出版界と大泉洋という二つの「ノンフィクション」を題材に書く社会派にして本格ミステリー"

関連記事

出版界と大泉洋という二つの「ノンフィクション」を題材に書く社会派にして本格ミステリー

レビュアー:吉田 大助 

昭和最大の未解決事件「グリコ・森永事件」を題材にした『罪の声』を発表し、社会派ミステリー…