日本のアニメーションが初めて公開されてから今年で100周年。アニメが熱い盛り上がりを見せる今夏、映画と書籍の大きなコラボレーションが実現します。

Ⓒ2017「メアリと魔女の花」製作委員会

Ⓒ2017「メアリと魔女の花」製作委員会

 大ヒット作『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』をスタジオジブリで生み出した米林宏昌監督が、その志を受け継ぎ、新たに設立した「スタジオポノック」より放つ第1回監督作品『メアリと魔女の花』。
 7月8日の映画公開に向けて、熱いプロモーションが展開される中、KADOKAWAからは、原作を始め、多数の関連書籍の出版が決定しています。中でも、児童文庫ジャンルにおいては、断トツの国内シェアNO.1を誇る「角川つばさ文庫」から、『メアリと魔女の花』の児童向け原作文庫を刊行。さらに、毎年夏に実施している児童文庫フェア<角川つばさ文庫 夏まつり>にて、映画との大規模な展開が決定しました。
 見所は、本フェアのために、スタジオポノックが描き下ろした、メアリと他のキャラクターのオリジナルイラスト。全国書店にて、『メアリと魔女の花』の映画ビジュアルを使った書籍カバーやオリジナルイラストのプロモーションアイテムが所狭しと店頭を飾ります。
画像

KADOKAWAより発売する『メアリと魔女の花』の関連書籍は、次の8アイテム。

原作として、
*小学生から読める児童文庫版『新訳 メアリと魔女の花』(角川つばさ文庫)(6/15発売)
角川つばさ文庫

角川つばさ文庫

*魔法ファンタジーの決定版『新訳 メアリと魔女の花』(角川文庫)(6/17発売)
角川文庫

角川文庫

*映画の挿絵が入った愛蔵版『新訳 メアリと魔女の花』(単行本)※近日発売予定
単行本

単行本

その他関連書籍として
*『メアリと魔女の花 ビジュアルガイド』(7月発売)
*『角川アニメ絵本 メアリと魔女の花』(7月発売)
*『メアリと魔女の花 フィルムコミック』(上・下)(7月発売)
*『The Art of メアリと魔女の花』(7月発売)
*『メアリと魔女の花 絵コンテ集』(7月発売)
関連書籍詳細はこちら
 また、角川文庫が、夏に全国書店にて大々的に展開する文庫フェア<カドフェス2017>でも、角川文庫版として『新訳 メアリと魔女の花』『新訳 思い出のマーニー』と角川つばさ文庫版『新訳 メアリと魔女の花』『新訳 思い出のマーニー』が、約100冊のフェアタイトルの中にラインナップ。

 さらに<カドフェス2017>と<角川つばさ文庫 夏まつり>の目玉企画として、角川文庫と角川つばさ文庫を購入して、素敵な非売品グッズなどの賞品がもらえる<親子で読もうキャンペーン>も、『メアリと魔女の花』をキービジュアルに、華やかに実施します。
 この夏、「角川つばさ文庫」と『メアリと魔女の花』が、日本アニメ100年で沸く日本に、さらなる魔法をかけ、大きなムーブメントを巻き起こします!!