①9/8(金)at熊本

②9/22(金)at東京・池袋

行定監督の初めてのエッセイ集『きょうも映画作りはつづく』の刊行を記念し、新作映画『ナラタージュ』(10/7公開)で話題の監督のトーク&サイン会が開催されます。監督の出身地である地元・熊本のタウン誌『月刊タウン情報熊本』(通称タンクマ)に連載されたエッセイをまとめた本で、映画作りの秘話を始め、映画への思い、創作の苦しみや喜び、日々の暮らしのことなど、監督の生の姿が正直に描かれています。ぜひともトークショーで、監督の生のお話を聞いてもらえたらと思っております。
画像

<書籍紹介>

発売日:2017年9月8日発売
本体1600円(税別)
頁数:304頁
体裁:四六判 並製
装丁:大原由衣
http://www.kadokawa.co.jp/product/321701000336/

電子書籍:[配信日]9月8日※ストアによって配信日が異なる場合有
[希望小売価格]希望小売価格:1600円+税

https://ja-jp.facebook.com/isao.yukisada(行定勲 フェイスブック)

■内容紹介

「このエッセイは2001年から2003年と2007年から現在までの13年間、熊本のタウン情報誌「タンクマ」に『映画のある生活』と『映画のある生活2』というタイトルで月一回連載されたコラムを編集したものです。熊本から東京に出て映画監督になった私が、映画作りと格闘する姿や何気ない日常の暮らしを書き伝えることによって、かつての私のような田舎モンが奮い立つきっかけになるといいなと思い、始めた連載でした。ちっぽけな映画監督の本音を読んでいただけたら嬉しいです。」(本書のはじめにより抜粋掲載)
代表作『GO』に始まり、最新作『ナラタージュ』まで、数々の映画作品の創作にまつわる裏話や、世界の映画祭のこと、役者やプロデューサーたちとの出会いと別れ、舞台やMVなどの創作秘話、家族のエピソードなど。連載中に熊本地震に見舞われたことも。それでも監督は映画を撮りつづけ、日々はつづいていく。同郷の俳優・高良健吾氏推薦。巻末には「行定勲の仕事」リストも。

行定勲(ゆきさだ・いさお)

写真=CINE 21

写真=CINE 21

1968年熊本県熊本市生まれ。映画監督。演出家。2000年『ひまわり』で第5回釜山国際映画祭国際批評家連盟賞受賞。『GO』で第25回日本アカデミー賞作品賞・最優秀監督賞を始め数々の映画賞を総なめにし脚光を浴びる。04年『世界の中心で、愛をさけぶ』が観客動員数620万人を記録。10年『パレード』は第60回ベルリン国際映画祭パノラマ部門国際批評家連盟賞を受賞。16年には『ブエノスアイレス午前零時』『タンゴ・冬の終わり』の演出において第18回千田是也賞を受賞。最新作・映画『ナラタージュ』10/7公開予定。

①9/8(金)蔦屋書店熊本三年坂

https://twitter.com/tsutaya_3nen

※書店様からのお知らせは以下です。参加のためには整理券が必要になりますので、書店にてお求めください。

②9/22(金)三省堂書店池袋本店

http://ikebukuro.books-sanseido.co.jp/events/2662

対談のゲストとして俳優の高良健吾さんをお招きします。お二人による映画トーク、ぜひご参加ください。
画像
※書店様からのお知らせは以下です。参加のためには参加券が必要になりますので、書店にてお求めください。

【日時】2017年9月22日(金)19:00~(開場18:30~)
【会場】西武池袋本店 別館9階 池袋コミュニティ・カレッジ 20番教室
【対象書籍】『きょうも映画作りはつづく』(KADOKAWA)本体1,600円+税 9月8日ごろ発売予定
【参加方法】別館地下1階Aゾーンレジにて、参加券を配布いたします。※対象書籍購入時
参加券のご予約は、お電話でも承ります。
受付電話番号は、03(6864)8900(電話受付時間/10:00~22:00)です。
参加券をご予約していただいたお客様は、イベント開始までに別館地下1階Aゾーンレジにて対象書籍をご購入ください。
【その他】・今回のイベントはお申し込みの順番で座席が決まります。座席については書籍と一緒にお渡しするイベント参加券・ご案内をご確認ください
・トーク後のサイン会は行定勲監督のみです。
・サイン会は為書必須。
・イベント当日は書籍とイベント参加券を必ずお持ちください。紛失等による再発行はできません。
・イベント中の写真撮影・録画・録音はご遠慮ください。