さて、桜も散り、なんとなく気の急いてくるこのごろ。カドブン読者には就職活動を本格化させている方も多いのではないかと思います。なりたい自分になる、って言うのは簡単だけど、大変ですよね……そもそもなりたい自分ってなんなのか、という疑問もあったりしつつ、そんなときはこの1冊、角川文庫の『嘘つき就職相談員とヘンクツ理系女子』をお読みください。心の底のほうから、ふあああんと軽くなってきます……というわけで、このたびカドブンは著者の松崎有理さんにインタヴューを敢行いたしました。
画像
Q1.主人公のシーノはどういうひとですか。松崎さんからご紹介をお願いいたします。

松崎:「進路に悩む等身大の若い女性」を描こうと思ったんです。だから欠点をたくさん盛りこみました。いわゆる田舎の優等生タイプでそこそこ優秀だけど、つきぬけたものを持ってはいない。しかしプライドだけは高い。そのプライドをみたすような「やりたいこと」はあるのだが、その仕事に向いていないことを自分で気づいていない。とはいえ、ひどい訥弁でコミュニケーション下手という自覚だけは持っている。この、コミュニケーションという点で悩んでいるひとって一定数いると思うのですよ。
もちろん欠点だけでなくおちゃめな長所も仕込みました。そこは読者のみなさまに発見していただければ。

Q2.就職相談員が嘘道の家元とはこれいかに。このような人物を着想したきっかけをお教えください。

松崎:担当さんとのうちあわせのなかで、「主人公は固い職業で。役人とか」というリクエストが出てきました。求職ものがテーマでしたから、職安=職業安全保障部局の特命相談員といういかにも固そうな肩書きがするする出てきました。それだけではつまらないので、もうひとつ意外な職業を組み合わせてみようかと。百歩七嘘派という架空の嘘つき集団は、デビュー短篇集『あがり』収録の「代書屋ミクラの幸運」に登場させていました。これを日本に置いたら、家元になるのかなと考えました。作品の舞台である宮城県仙台市には「賣茶翁(ばいさいおう)」というしぶい店構えの和菓子屋さんがありまして、茶道のかたたちがごひいきにしています。ここを蛇足軒の家のモデルとしました。

Q3.舞台になっている「北の街」はどんなところですか。菓子舗あまんざは実在するのでしょうか。

松崎:そんなわけで、松崎が学生のころから10年ほどすごした仙台市がモデルです。あまんざは実在しますし、ほかの「北の街」シリーズ作品(『あがり』『代書屋ミクラ』『架空論文投稿計画』)に登場する店舗の多くは仙台市内にモデルがあります。
でも「仙台」という名前をどこにも出していませんから、ぜひ読者さまのお気に入りの地方都市をあてはめて空想してみてください。地方都市のもつ匂いや空気感や時間の流れがすきです。東京のミニチュアみたいなのばっかりにならないでほしいと願ってやみません。

Q4.いちゃぽんはどうして丸いものを好むのでしょうか。可食範囲は直径どのくらいまででしょうか。

書籍

『嘘つき就職相談員とヘンクツ理系女子』

松崎 有理

定価 691円(本体640円+税)

発売日:2018年02月24日

ネット書店で購入する