日本ホラー小説大賞創設以来初となる、予備選考委員オール最高評価。最終選考でも絶賛された作品が、第二十二回の栄えある「大賞」に輝いた。それが澤村伊智『ぼぎわんが、来る』だ。
幸せな一家に迫り来る恐怖を描いた本作は、怪談、都市伝説、民俗学などさまざまな要素を孕んだノンストップ・ホラー。怖い話の「怖さ」とは何か? おばけとは何か? 新たなホラーブームを巻き起こす旗手として期待される新人に、本作の誕生秘話を中心に聞いた。

<こちらは「本の旅人」2015年11月号に掲載された記事を再録したものです>
画像

長編はいちばん好きな怖い話で

──第二十二回日本ホラー小説大賞受賞おめでとうございます。

澤村:ありがとうございます。想像もしていなかったので、まさか、という感じでした。いまはだいぶ落ち着きましたけど、最初は何かの間違いじゃないかなって。そもそも応募するために書いたわけではないですし。

──では、どうしてこの作品をお書きになったんですか?

澤村:話すと長いんですが、二〇一二年の春に会社を辞めて、はからずもフリーになったんです。さすがに最初は暇でした。そんなときに、小学校時代からの友人に「お前、暇なのか。だったら知り合いが趣味で小説を書いたから、読んでやってくれないか。感想は飲み会のときに言ってくれればいいから」と、原稿用紙一四〇枚くらいの小説を手渡されたんです。それがすごくつまらなかった(笑)。ボロクソにけなしてやろうと批評を書きかけたんですが、「待てよ」と思ったんですね。それまで出版社で編集をしたり記事を書いたりしていたんですが、ワンテーマで一四〇枚書いたことはない。その時点で水をあけられているんじゃないか。しかも飲み会で酔っ払いながら好き勝手言っている自分を想像して、これはないなと思ったんです。それで、自分でも同じ枚数の小説を書こうと思いました。同じ土俵に乗るためにその小説のなかにあるモティーフ、テーマを使って。それがそもそもの始まりですね。

──反応はどうでした?

澤村:そこそこ高評価でした。先に小説を書いた人にも「ここがダメだ」と堂々と言いたいことを言えましたね。

書籍

『ぼぎわんが、来る』

澤村 伊智

定価 734円(本体680円+税)

発売日:2018年02月24日

ネット書店で購入する