このたび、惜しまれつつ大団円を迎えた小路幸也さんのキャラクター文芸人気シリーズ〈札幌アンダーソング〉。札幌の風景や、警察や市政のリアル描写、「変態」をめぐる事件と、極めてチャーミングな登場人物たちという組み合わせの妙などなどシリーズの魅力は多々あるのですが、何と言っても最大の看板は主人公の春くん。ミステリの歴史上、美形キャラは星の数ほど存在してきましたが、こんなにキュートさとヤバさを兼ね備えた探偵は空前絶後であろうと思われます。春くんの誕生秘話から恋のお相手まで、著者の小路幸也さんにとことん伺いました!
画像
Q1.変態の探偵、というか変態を知る探偵・春くん。小路作品としては、
というよりミステリ界的にも唯一無二の存在と思いますが、どのようにして彼は誕生したのでしょうか。

小路:ホームズにポワロにクイーンに明智小五郎に金田一耕助エトセトラ……
そもそも名探偵って極論すれば皆ある種の〈変態〉だよな、という思いが以前からありまして(^_^;)
じゃあ本当のというかセクシャルな意味でも〈変態の探偵〉がいたらおもしろいなー、という単純な発想からでした。
なので、最初に頭の中に描いたのは本編の春くんよりもずっとずっと18禁のヤバい男でしたが自主規制で大人しくなりました。

Q2.春くんにとって、キュウちゃんはどんな存在なのでしょう。

小路:キュウも実は裏設定では、バイセクシャルな人という設定でした。バイというよりは、ちょっとSF的に両性具有のような、
将来は男にも女にも分化できる(萩尾望都先生の『11人いる!』のフロルのような)感じです。
本人はまったく気づいていませんけどね。
そういうところを、春は見抜いていたんですね。だから春にとっては最高に愛しいオモチャを見つけたような感覚です。

Q3.人間のあらゆる感情に興味がつきない、その探求のためにはどんなことでもしてしまう春くんですが、小路さんの中にも(実行するかどうかはともかく)そういう欲望はありますか?

小路:似たような思いはありますね。僕の理想は〈喫茶店店主の頑固親父〉なんですが、
それはとりもなおさず〈カウンターの中からいろんな人を眺めていたい〉からです。
そもそも小説家になるような人間は皆そうかもしれませんよね。人間を見つめることが好きなんだと思います。

Q4.春くんの中に積み重なっている記憶によって、彼はどんな人間になっているのでしょう。春くんの内部世界が知りたいです。

書籍

『札幌アンダーソング ラスト・ソング』

小路 幸也

定価 734円(本体680円+税)

発売日:2018年01月25日

ネット書店で購入する

    書籍

    『札幌アンダーソング 間奏曲』

    小路 幸也

    定価 648円(本体600円+税)

    発売日:2017年01月25日

    ネット書店で購入する

      書籍

      『札幌アンダーソング』

      小路 幸也

      定価 648円(本体600円+税)

      発売日:2016年02月25日

      ネット書店で購入する