角川ホラー文庫より好評発売中の『中野ブロードウェイ脱出ゲーム』。サブカルチャーの聖地・中野ブロードウェイを舞台に繰り広げられる史上最悪の脱出ゲームに、著者の渡辺浩弐さんが込めた思いとは!? 特別メールインタビューを、著者特製【謎の都市伝説カード】と共に、前後編でお届けします!
画像
画像
画像

Q1.この作品を書いたきっかけについて。

1997年に、20年後をイメージして『アンドロメディア』という小説を書きました。人工知能、バーチャルアイドルなどを未来テクノロジーとして扱いました(今はどれも既にポピュラーなものになっています)。
それから実際に20年経ったタイミングで、さらに20年後を予想しようと考えたわけです。ディープラーニング・量子コンピュータ・ゲノム編集など、「その先」の技術を改めて調査しました。
その過程で、一つの気づきがありました。コンピュータやロボットが、誰も夢にも思わなかった方向に進化していくのではないか、ということです。
20世紀のSFは進化した機械が人間になろうとする現象を多く描いてきましたが、今ここで考えると、そんなことはありえない。人工知能は、アンドロイドは、人間なんて不完全なものを目指すわけがないんですね。
暴走する知能はメサイア・コンプレックスを発症するはずです。覚醒した知性が狙うのは人ではなく「神」の地位です。
その先に何が起きるか。思考実験を進めるためには、かなり大がかりな物語の枠が必要でした。
画像
画像
画像

書籍

『中野ブロードウェイ脱出ゲーム』

渡辺 浩弐

定価 1123円(本体1040円+税)

発売日:2017年11月25日

ネット書店で購入する