ヒット作を生み出し続ける『このミステリーがすごい!』大賞で、
優秀賞のひとりに輝いた三好昌子さん。
受賞作は、二十五年の執筆活動の末に辿りついた、人の縁を巡る伝奇小説でした。
画像

インタビュアー:『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞のご受賞、おめでとうございます。選評や解説では、時代小説としては申し分ないが、ミステリーと言えるのかと検討もされていますが、なぜこの賞に応募されたのですか。

三好:まず、ミステリーの賞に普通のミステリーを送っても、競争相手が多すぎて目立たないと思ったのがひとつ。
そもそも、どこまでがミステリーなんやろって思うんですよ。たとえば今日の取材も、私を知りたくていらっしゃったのですから、私自身が謎だということでしょ。人に出会うことや、新しいことを始めるのも謎です。

インタビュアー:それで伝奇小説で応募されたのですね。受賞作『縁見屋の娘』の主人公である口入屋の娘・お輪は、代々「男児を産まず二十六歳で死ぬ」という祟りを背負っています。謎の修行者・帰燕と共に、悪縁を払う術を探す途中で、天狗や生霊が出てきます。

三好:もともとSFが好きで、中でも、半村良さんのような時代SFをここ十年ほど投稿していました。普通の時代ものを書かれている方は大勢いらっしゃるから、私は私にしかできないものを書きたいと思ったんです。

インタビュアー: 今回の作品を書かれるにあたり、テーマは決めていたのでしょうか。

三好: この作品は、お輪の立場から見れば恋愛ものとして読めますが、親と子の物語でもあるんですね。自分の子供が小さかった頃、子供を失う夢をよく見たんです。川のそばで子供の名前を呼びながらぼろぼろに泣いて目が覚めて、隣の子供の寝息を聞いて、ほっとしてまた泣いて。書いているときは無意識なのですが、読み返してみると、一番弱い存在である子供たちを守れるような社会にしてもらいたい、という想いがありましたね。

インタビュアー:そういったメッセージが押しつけがましくない形で伝わりました。

書籍

『京の縁結び 縁見屋の娘』(宝島社文庫)

三好 昌子

定価 702円(本体650円+税)

発売日:2017年3月4日

ネット書店で購入する

    書籍

    小説 野性時代 第163号 2017年6月号

    小説野性時代編集部

    定価 860円(本体796円+税)

    発売日:2017年05月12日

    ネット書店で購入する