世界的ベストセラー『自閉症の僕が跳びはねる理由』(角川文庫)の著者である東田直樹さん。書き下ろしの最新作『自閉症のうた』、文庫版『あるがままに自閉症です』、つばさ文庫版『自閉症の僕が跳びはねる理由』の刊行を記念した講演会が、7月15日(土)に開催されました。
重度の自閉症で会話でのコミュニケーションが困難な東田さん。いつもは原稿を読み上げる「講演」をメインに、質疑応答という講演の流れでしたが、今回はお客様との交流を深めたいとの希望から初めて「フリートーク」の時間を用意。間に休憩を挟んで、後半は質疑応答の時間となりました。さてどんな講演会となったのか……。スペシャル映像とともに、三回に分けてご紹介します。
第一回は、東田さんの「講演」内容と、続いて行われたフリートークの模様です。東田さんにとって書くということの意味、そしてコミュニケーションすることの難しさについて語ってくれます。意外なハプニングも!?
画像

――書くということ――

出版記念講演会にお集まりくださって、本当にありがとうございます。
今日は、僕が書くということを通し、どのようなことを考えているのかについて、お話しさせていただきたいと思っています。
僕は、作家という仕事をしていますが、もし、自分が作家になっていなかったら、どうしていたかということが、想像できません。
それほど、僕にとって書くことは、自然で当たり前のことなのです。
作家としてのスタートは、自閉症である自分のことを書くことでした。

――原動力――

しかし、自閉症だからとか、うまく話せないからといった理由が、どれくらい今の執筆への原動力になっているのかは、自分でもよくわかりません。
なぜなら、僕が現在、問い続けているのは、人間がこの世界に存在している理由、何のために人は生まれ、死んでいくかというテーマだからです。

成長と共に僕が学んだのは、自閉症であることは、嘆き悲しむことではなく、僕が、僕であるために、不可欠なことだということです。
社会に適応できなくても、不自由な思いをしても、僕は自分のままで、与えられた命を、全うしなくてはいけません。できないことばかりに目を向けることは、前向きな生き方にはつながらないでしょう。

――肯定と受容――

自分を肯定することと、障害を受容することは、別の問題だという気がしています。
僕の自己肯定感は、障害を乗り越えたから生まれたものではありません。
自分を肯定する気持ちは、誰かに気づかされるべきものではなく、自分の中から、わき起こるものではないでしょうか。
考える力と生きる意欲を養うことが、自分を大切にする気持ちをはぐくむうえで、大切だと思います。僕の場合、自宅で普通高校までの学問を学べたこと、そして、人に思いを伝えるという練習をあきらめず繰り返し行ったことは、とても意味のあることでした。
画像

書籍

『自閉症のうた』

東田 直樹

定価 1404円(本体1300円+税)

発売日:2017年05月26日

ネット書店で購入する

    書籍

    『あるがままに自閉症です』

    東田 直樹

    定価 605円(本体560円+税)

    発売日:2017年06月17日

    ネット書店で購入する

      書籍

      『自閉症の僕が跳びはねる理由』

      東田 直樹

      定価 756円(本体700円+税)

      発売日:2017年06月15日

      ネット書店で購入する

        書籍

        『自閉症の僕が跳びはねる理由』

        東田 直樹

        定価 605円(本体560円+税)

        発売日:2016年06月18日

        ネット書店で購入する