加賀大聖寺藩に嫁いだ勇姫、華族初の万博コンパニオンガールになった万里子、家が没落して新宿のレビュー劇場の舞台に立った花音子─。
『政略結婚』という〝刺さる〟キーワードで、江戸・明治大正・昭和という三つの時代を生きる女性をそれぞれ見事に切り取った物語です。
現代に生きる我々に前向きなエールを送る本作について伺いました。
画像

女性の風俗を女性ならではの 視点で描いた歴史小説

──歴史小説としては『剣と紅 戦国の女領主・井伊直虎』『主君 井伊の赤鬼・直政伝』に次いで三作目の刊行となる『政略結婚』。ファンタジーから現代物までと幅広いジャンルの作品をこれまでも手がけてこられましたが、骨太な歴史物を書くようになったきっかけは?

高殿:私がちょうどデビューした頃に角川書店はじめ様々な版元さんから『アルスラーン戦記』のような歴史色の強いファンタジーが出版されていました。ああいった異世界ファンタジーや戦記物が昔から好きで、もともと「歴史物を書きたいな」と思って小説家になったので、個人的にはあまり違和感がないんです。

──小説家を志望されるひとつのきっかけになるほど、時代小説がお好きだったんですね。

高殿:史実物として日本史を選ぶようになったのは、「日本のもので、女性の風俗を深く掘り下げた小説ってあまりないな」と気づいてから。特に江戸時代は町人文化や大奥がクローズアップされた小説は多いのですが、小さな藩に暮らす人々のなんでもない女性の生活って意外と描かれていない、知られていないんじゃないかと思って、そのあたりを取り上げてみてはどうかなと思ったのがきっかけでした。

──女性の風俗にスポットライトを当てる、といった切り口で、今回は〝結婚〟をテーマに選ばれたわけですね。

高殿:今も昔も、それぞれの状況にかかわらず、〝結婚〟というのは女性の人生にとってすごく重要だと考えられていますよね。江戸文化というと難しそう、と感じる方もいるかもしれないけれど、〝結婚〟をフックにすると興味を持ってもらえるのではと思って。新聞連載だったこともあり、間口を広くして、タイトルで捉えたかったということもあります。

書籍

『政略結婚』

高殿 円

定価 1620円(本体1500円+税)

発売日:2017年6月24日

ネット書店で購入する

    書籍

    本の旅人2017年7月号

    角川書店編集部

    定価 100円(本体93円+税)

    発売日:2017年06月27日

    ネット書店で購入する