小学生の武井遼介が、サッカーを通して成長していく姿を描いた「サッカーボーイズ」シリーズ。高校生編の完結となる最新刊はらだ みずき『高校サッカーボーイズ U-18』が発売されました。
著者のはらだみずきさんに、シリーズものを書く楽しさや苦労をはじめ、作家人生における本作の位置づけなどについてお聞きしました。
画像

〝草小説家〟からの転機

──小学生編からスタートした「サッカーボーイズ」シリーズも、本作『高校サッカーボーイズU‐18』で主人公の遼介が高校三年生となり、高校生編もついに完結を迎えました。デビュー作『サッカーボーイズ 再会のグラウンド』を上梓されたのが二〇〇六年ですから、約十二年にわたり、今シリーズを書き続けてこられたことになります。その間、はらださんご自身の環境も大きく変わられたそうですね。

はらだ:はい。書き始めた頃はまだ会社員で、ただ小説を書くのが好きな「草小説家」でしたから(笑)。創作することがとにかく楽しくて、「遼介が高校生になるくらいまで書けたらいいな……」などと漠然と考えてはいましたが、まさかこんなに長いシリーズになるとは思ってもいませんでした。

──これほど長く続いたサッカー小説は他にないと思うのですが、書くことになったそもそものきっかけを教えてください。

はらだ:長男が所属していた小学生のサッカークラブのコーチになったことですね。僕自身、高校までサッカーをやっていましたが、いざコーチになってみるとわからないことだらけ……。指導書や関連書籍を読み漁って猛勉強しました。そのときの経験をはじめ、審判や選手の保護者、サポーターといった様々な立場に立ってみたことでサッカーがより客観的に見られるようになりました。また自分が実際に体験したことを生かせば物語にできるかもしれないと思って書き始めたんです。

──「草小説家」から一転、プロの小説家になられた際、周囲の反応はいかがでしたか?

はらだ:もともと小説家になりたいと公言していたわけでも、投稿していたわけでもなく、こっそり習作していただけなので、みんな驚いたと思います。仕事を辞めて専業作家になると告げたとき、親からは「狂ったのか?」と言われました。家族もいるし、会社では責任のある職に就いていましたからね。僕自身もそこに留まるべきかチャレンジすべきか迷いましたが、思い切って夢への道を歩み出すことに決めたんです。

書籍

『高校サッカーボーイズ U-18』

はらだ みずき

定価 1620円(本体1500円+税)

発売日:2019年05月31日

ネット書店で購入する

    書籍

    「本の旅人2019年6月号」

    角川書店編集部

    定価 100円(本体93円+税)

    発売日:2019年05月27日

    ネット書店で購入する

      書籍

      『サッカーボーイズ 再会のグラウンド』

      はらだ みずき イラスト:丹地 陽子

      定価 605円(本体560円+税)

      発売日:2008年06月25日

      ネット書店で購入する