第17回『このミステリーがすごい!』大賞受賞の『怪物の木こり』が話題だ。
数々の殺人を起こしてきたサイコパス弁護士VS.斧で頭を割って脳を盗む「脳泥棒」という奇抜な設定で始まる本作は、累計三万部を突破
(三月下旬時点)。著者の倉井眉介さんにお話をうかがった。
画像

──『このミステリーがすごい!』大賞〈大賞〉受賞作刊行おめでとうございます。

倉井:ありがとうございます。二十代半ばから小説を書き始めて投稿を重ねてきたので、やっと壁を越えたなという感覚です。

──主人公はサイコパスの連続殺人鬼で、怪物のマスクを被った「脳泥棒」に斧で襲われるという設定が話題です。着想はどこからでしょうか。

倉井:海外ドラマが好きなのですが、「デクスター」という作品に影響を受けています。主人公はシリアルキラーでサイコパス。それでも人間的であろう、倫理的であろうとする設定で、脳の回路のことが出てくるんです。そこから、サイコパスから人間味がある人物に近づこうとするストーリーはどうだと思い付きました。事件については、ただ襲われて強盗犯を追っかけるストーリーでは、主人公が人間味を獲得していく流れとマッチせず、テーマと事件がばらばらになってしまう。事件の謎を追いかけること自体が、主人公はいったい何者なのかというドラマときちんと絡み合うようにしたいと考えて、事件と犯人像をつくっていきました。

──「幕間」として童話のような物語がさしはさまれる構成も見事です。

倉井:「人間になりたい怪物」というテーマを伝えるように描こうとしたら、自動的に構成は決まっていきました。書くときは、設計図をある程度ちゃんと作るほうですが、受賞後も選考会や編集者からの意見を受けて、かなり手を入れました。五分の一くらいは削ったでしょうか。自分でも、いったん書き上げたあともどんどん思い付いてしまうほうなので、自ら直したところも沢山あります。思い付きが止まらないタイプだと思います(笑)。

──よく描けたとご自身で感じているシーンなどはありますか。

書籍

『怪物の木こり』(宝島社)

倉井 眉介

定価 1490円(本体1380円+税)

発売日:2019年1月12日

ネット書店で購入する

    書籍

    「小説 野性時代 第186号 2019年5月号」

    小説 野性時代編集部

    定価 864円(本体800円+税)

    発売日:2019年04月11日

    ネット書店で購入する