「本の旅人」で約3年に亘って連載していた歴史大作が、ついに満を持しての刊行です。
昭和という時代を体現した、岸信介の波瀾万丈の人生を余すところなく描いた最新作について伺いました。
画像

岸信介から昭和史を見る

──戦後を代表する宰相の一人であり、現在の安倍晋三首相の祖父でもある岸信介を描いた大作です。なぜ、岸信介を主人公にした小説を書こうと思われたのでしょう。

中路:岸は戦前から商工省の官僚として権力の中枢にい て、商工大臣まで務めました。戦時中も大臣として戦争を指導する立場にあり、A級戦犯容疑で勾留されましたが、放免されます。戦後は政界に復帰し、政治家として保守合同など、日本の政治を決定づける瞬間に居合わせます。やがては総理大臣に上り詰め、日米安保改定を成し遂げています。総理を辞めた後も、自民党の重鎮としてずっと権力闘争の中心にいました。日本の近代史の中で岸は最も長く権力の中心にいた人物の一人と言えるでしょう。岸を通して見ることで、昭和史の光と影がくっきりと浮かび上がってきます。今回やりたかったのは、岸の生涯を通して昭和を考えてみようということでした。

──岸と言えば、副題にある「昭和の妖怪」というキャッチフレーズが有名です。得体の知れない権力者というイメージで、恐れられつつも、あまり好感は持たれていませんよね。

中路:岸は特異な政治家なんですよ。多くの政治家は、途中でつまずくと歴史の表舞台から去っていくんですが、岸は復活して、ずっと生き延び続けた。そのしぶとさもさることながら、問題解決能力が高かった。たとえば、いま日韓関係がこじれていますが、岸の時代には、岸が韓国の軍事政権とつながっていたから、揉めごとがあっても裏で韓国側と話をすればまとまった。裏で解決してしまうあたりが得体が知れない。そんなところが「妖怪」と呼ばれたゆえんですね。

──お金のことも書かれていますね。権力の源泉として資金が必要で、岸は少々怪しい人物たちともつきあいがあった。

中路:周囲の複数の人物が、岸はやたらとお金を使っていたという証言をしているんです。岸自身も断片的にはお金について語っている。突っ込むと語らなくなるんですが……。どんなお金をどうやって集めていたかは、公式には明らかになっていませんが、「こういう勢力とつながっていたはずだ」などと書いているルポはいくつもありますね。

書籍

『ミネルヴァとマルス 上 昭和の妖怪・岸信介』

中路 啓太

定価 1998円(本体1850円+税)

発売日:2019年03月29日

ネット書店で購入する

    書籍

    『ミネルヴァとマルス 下 昭和の妖怪・岸信介』

    中路 啓太

    定価 1998円(本体1850円+税)

    発売日:2019年03月29日

    ネット書店で購入する

      書籍

      「本の旅人2019年4月号」

      角川書店編集部

      定価 100円(本体93円+税)

      発売日:2019年03月27日

      ネット書店で購入する

        書籍

        『戦国秘史 歴史小説アンソロジー』

        定価 778円(本体720円+税)

        発売日:2016年07月23日

        ネット書店で購入する